フランクフルトの鎌田大地がヨーロッパリーグ(EL)の週間MVPに選出された。

 現地時間4月28日に開催されたEL準決勝の第1レグで、鎌田と長谷部誠の所属するフランクフルトは、ウェストハムと敵地で対戦し、2-1で勝利を収めた。

 この一戦で鮮烈なパフォーマンスを披露したのが、鎌田だった。アンスガー・クナウフが1分に決めた電光石火の先制ゴールの起点となれば、54分にはジブリル・ソウのシュートのこぼれ球を押し込み、値千金の決勝点。敵地での先勝の原動力となった。

【動画】ELの週間MVPに選出! 鎌田が準決勝で決めた値千金の決勝ゴール
 EL公式は、その鎌田と同僚のソウ、ともにRBライプツィヒのアンヘリ―ニョとマルセル・ハウステンベルクの4人を週間MVPにノミネート。日本代表アタッカーが、最多票を獲得した。

 ELの公式SNSが、鎌田が1位になったことを知らせる投稿をすると、「当然だ」「それに値する」「彼は現実離れした選手だ」「ゲーム全体で信じられないプレーをした。ゴールだけではない」といったコメントが寄せられた。

 現地のファンは、ゴール以外のプレーにも賛辞を贈っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!