パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェティーノ監督が、一部から批判を受けているリオネル・メッシを擁護した。英紙『Daily Mail』が5月1日付けで伝えている。

 昨シーズンはバルセロナで30ゴールを奪い、ラ・リーガ得点王を獲得したとあって、リーグ・アンでも変わらぬ活躍が期待されたメッシだが、ここまでわずか4ゴール。しかも、中国のスポーツメディア『新浪体育』によれば、それはナント、ロリアン、リール、RCランス戦でのもので、トップ5のチームからは1点も奪っていないという。

 大きく期待を裏切っている状況だが、アルゼンチン人指揮官の同胞のスーパースターへの信頼は全く揺るがない。「メッシはディエゴ・マラドーナと同じレベルの選手だ」と、『Europe 1』のインタビューで語っている。

「バルセロナからパリ・サンジェルマンへの移籍は大きな変化であり、その中で適応のプロセスが必要だったことは明らかだ。いくつかの状況が、20年過ごしたバルセロナのように、居心地を良くすることを許さなかった」
【動画】フェイクか現実か? メッシが3連続ロングキック→カゴにイン
 さらにポチェティーノ監督は、「パフォーマンス悪化と判断するのは不公平だ。彼のクオリティに疑問はない。来シーズンは全く違うものになるだろう」と、適応期間を経ての大爆発を約束している。

「パリに来て、新しいリーグで、新しいチームメイトと過ごすというプロフェッショナルなレベルだけでなく、家族レベルでも学ぶことの多い1年だった。これは考慮に入れなければならないね。選手に影響を与えかねない大きな変化だ」

 キリアン・エムバペの退団が濃厚で、来シーズンは攻撃の柱としての活躍も求められる34歳は、フランスで“本当”の姿を見せられるか。そのためにも今シーズンの残り3試合で、確かな伏線を張りたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち