マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック暫定監督が、英衛星放送『Sky Sports』のインタビューに対応。来シーズンからオールドトラフォードで指揮を執ることが決まっている、エリク・テン・ハーグについて語った。

 ラングニックは昨年11月、オレ・グンナー・スールシャールの解任を受け、緊急就任。今シーズンいっぱい監督を務め、来シーズンからはオーストリア代表監督と兼任で、コンサルタントとしてユナイテッドに関わる予定となっている。

 自身の後任であり、フロントと監督の立場でタッグを組むことになる現アヤックス指揮官に対し、ラングニックは全幅の信頼を寄せている。

「エリクが監督となり、適切な選手を選べば、サポーターやメディアはより良いチームを見ることができ、最終的にはリーグでの順位が上がることを期待できる」

 ただ、現時点で連絡はまだ取っていないようで、「彼は私の電話番号を知っているはずだ!」と、スタンスを明かしている。
 
「彼はアヤックスであと数試合、我々はここであと3試合プレーしなければならない。彼が僕と話をして意見を交換したいと言えば、喜んでそうするよ」

 6位のユナイテッドは残り3試合で、4位のアーセナルとは8ポイント差、5位のトッテナムとは6ポイント差。そのうえノースロンドンの両軍は1試合分未消化と、ユナイテッドはチャンピオンズ・リーグはおろか、ヨーロッパリーグの出場権獲得も絶望的な状況だ。

 立て直しが求められる来シーズン、新体制で復権を果たせるか。頼みの綱のクリスチアーノ・ロナウドの去就も不透明ななか、ラングニックは「2、3人の新しいストライカーが必要なのは明らかだ」とも語っており、前線の血の入れ替えにも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】流石の決定力!C・ロナウドがチェルシー戦で見せた絶妙トラップからの右足でズドン

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!