DAZNで配信中の元日本代表DF内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』に、ベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表FW林大地がゲスト出演。海外初挑戦となった今シーズンを振り返った。

 昨夏にサガン鳥栖からSTVVに移籍した24歳のストライカーは、25試合に出場して7ゴールをマーク。シーズン中盤からレギュラーに定着し、1年目としては上々の結果を残した。

 番組内でシーズンを振り返るなか、進行の野村明弘アナウンサーから「上位チームで、凄いなと思う選手はいましたか?」と質問されると、林はロイヤル・アントワープに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランの名前を挙げ、対戦時のエピソードを明かした。

「ボールを取ったろうと思って足を踏んだら、めっちゃ怒られました」

【動画】髪をばっさり!日向坂46の影山優佳さんと共演した林大地
 ローマやインテルでもプレーした世界的名手を怒らせたのは、第15節の対戦時だ。ただ、林は臆することなく、その後に先制ゴールをマーク。2-1の勝利に貢献している。

「荒ぶってる選手で有名ですよね? 身体もこんなん(ムキムキ)で、首もめっちゃ太くて。どうなってもいいわ、と思って取りに行ったら、ブチギレられました」

 このエピソードに内田氏も爆笑。「やり合ってくれるから面白いよね」とコメントしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「めっちゃ怒られた」林大地に足を踏みつけられた元ベルギー代表MFが激怒

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!