DAZNで配信中の元日本代表DF内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に、ベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表FW林大地が出演。海外初挑戦となった今シーズンについて語っている。

 海外組のいわば登竜門として、数多くのサムライ戦士がプレーしているベルギーで、高い評価を受けているのが、ヘンクの伊東純也だ。森保ジャパンでも不可欠な存在になっている快足ウイングは、宿敵のファンからも認められているようだ。

【動画】「バチバチやり合ってるじゃん」内田篤人も驚き!ダービーで日本人同士が衝突
 林は「シント=トロイデンとヘンクは隣町かなんかで(リンブルフ・)ダービーなんですよ」と前置きしたうえで、STVVのファンから掛けられた言葉を明かしている。

「『伊東純也はいい選手だけど、俺は嫌い。でも、あいつはいい選手だ』って、サポーターがめっちゃ言う」

 これには内田氏も「個人の感想じゃん(笑)」と笑っている。

 ライバルクラブのサポーターから「嫌い」と言われるのは、“最大級の褒め言葉”と言ってもいいかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「めっちゃ怒られた」林大地に足を踏みつけられた元ベルギー代表MFが激怒

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!