最終節での勝利は、26年ぶりとなるセリエAの舞台につながった。

 5月6日に行われたセリエB第38節で、クレモネーゼはコモに敵地で2-1と勝利した。同日の試合でモンツァがペルージャに敵地で0-1と敗れたため、勝点69としたクレモネーゼはモンツァ(67)を抜いて2位に浮上。セリエAへの自動昇格が決まった。モンツァは4位に転落。3〜8位で行われる昇格プレーオフに回る。

 1903年創設のクレモネーゼは、その長い歴史で破産することなく、イタリア・サッカー界を生き抜いてきた。元イタリア代表のジャンルカ・ヴィアッリやエンリコ・キエーザといった名選手が在籍したこともある。ただ、セリエA経験は多くなく、最後に1部で戦ったのは1995-96シーズン。来シーズンは26年ぶりにセリエAに戻ってくるかたちだ。

 エミリアーノ・モンドニコやジジ・シモーニなど、かつての名将たちが指揮を執ったクレモネーゼを現在率いるのは、現役時代にナポリやユベントスでプレーしたファビオ・ペッキア監督。指導者転身後、2019年にアビスパ福岡でも采配を振るった指揮官だ。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 クレモネーゼの昇格を受け、イタリアサイト『TUTTOmercatoWEB』は、ナポリやレアル・マドリー、ニューカッスルでラファエル・ベニテスのアシスタントコーチを務めたペッキア監督の経歴を紹介。その中で、ヴェローナで解任されてからの指揮官について次のように伝えている。

「(ヴェローナでの降格が)ペッキアにとって突然のストップになったことは確かだ。実際、歩みを取り戻すために、彼はアビスパ福岡を率い、日本の2部で短期を過ごすことを決めた」

「そこで何かが見え、次の夏にセリエCで戦うユベントスのU-23チームからお呼びがかかる。そこでポジティブな1年を過ごし、プレーオフ準々決勝に進み、歴史に残るセリエCのコッパ・イタリア優勝を果たした」

 2020-21シーズン途中に就任したクレモネーゼで、セリエA昇格という大仕事を成し遂げたペッキア監督は、来シーズンに旋風を巻き起こすことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】松木安太郎がカタールW杯・日本代表23人を独自選出!

 【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!