現地時間5月7日に行なわれたプレミアリーグ第36節で、マンチェスター・ユナイテッドは敵地でブライトンと対戦し、0-4で敗北。この結果、数字上は可能性が残っていた来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権が獲得できる4位以内は不可能となった。
 
 そんななか、英紙『Mirror』は「37歳のクリスチアーノ・ロナウドが来シーズンもユナイテッドでプレーした場合、彼のキャリアにとって初めての経験となる」と指摘している。

「C・ロナウドはスポルティングでデビューしたシーズンにCL予選に出場し、翌年、18歳でユナイテッドに移籍して以降は19シーズン連続でCL本大会に出場してきた。もし彼がユナイテッドで来シーズンを過ごすことになれば、その記録は途切れることになる」
【動画】衝撃の4失点大敗にC・ロナウドも天をあおぐ…ブライトン対ユナイテッドのハイライトをチェック
 そのため、現地ではC・ロナウドの退団論が盛り上がりを見せている。ただ、同紙はその去就には「恩師であるユナイテッドのレジェンド、アレックス・ファーガソン氏の希望が大きく影響するのではないか」と綴っている。

「彼とサー・ファーガソンの家は近いので、よくふたりで話をしている。そしてファーガソン氏はプライベートなミーティングで、彼の遺産を守るため、あと1年はユナイテッドにいてほしいと話したようだ。ロナウドの契約は2023年6月末までで、さらに1年の延長オプションがついている」

 ちなみに、試合中にブライトンに3点目を奪われた際、カメラに抜かれたC・ロナウドが笑みを浮かべていた様子が捉えられ、話題を呼んだ。現地局『Sky Sports』で解説を担当していた元イングランド代表ディオン・ダブリンは「彼は理解できていなかったんだろう」と見解を述べている。

「選手たちを見て笑っているのか、この状況を笑っているのか。そうじゃない。おそらく彼は今、何が起きているのか理解できていなかった。自分は本当にユナイテッドにいるのか、そうでないのかといった感じだった。彼の表情は、今日の試合を要約している」

 ここまでチームトップの24ゴールを挙げているエースは、いかなる決断を下すのか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!