無謀なタックルに、普段は冷静沈着な男がヒートアップした。

 5月8日に開催されたプレミアリーグ第36節で、冨安健洋が所属する4位のアーセナルは17位のリーズとホームで対戦。2-1で勝利し、4連勝を飾った。

 コンディションが心配された冨安は、主戦場の右SBではなく、初めて左SBでスタメン起用。フル出場を果たし、攻守に好パフォーマンスを披露している。

 その日本代表DFが珍しく熱くなったのが、2-0とリードして迎えた27分のプレーだ。敵DFルーク・エイリングがガブリエウ・マルチネッリに対して、危険な両足のレイトタックルを仕掛けたのだ。

 近くにいた冨安は、すぐにレフェリーに駆け寄り、カードを要求。それを“阻止”しようとするリーズの10番ラフィーニャと押し合いになる場面もあった。

 最初はイエローカードだった判定は、VARとオンフィールドレビューを経て、レッドカードに。2点のビハインドを負っていたリーズにとっては、痛恨の退場となった。

【動画】「無謀」「不快だ」リーズDFの危険な両足タックルに冨安が激昂!
 この愚行を、英メディア『talkSPORT』は、「経験豊富なSBの無謀なタックルだったのは明らかだ」とばっさり。元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガーが『 Sky Sports』で「バカか。プロ意識がない」「10人になったというだけでなく、両足の不快なタックルだ」と酷評したと伝えている。

 また、冨安がヒートアップしたシーンには、ファンから「冨安がここまで熱くなるの珍しい」「目の前で見ると尚更、危ないプレーなんだろうな」といった声があがっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!