現地時間5月11日、国際サッカー連盟(FIFA)は、チリ・サッカー協会(FFC)から同規律委員会に申し立てられた苦情について声明を発表した。

 この件は、以前より取り沙汰されていたエクアドル代表DFバイロン・カスティージョに関する疑惑だ。主力としてカタール・ワールドカップの南米予選8試合に出場した23歳について、国籍を偽装した疑いが持たれているのだ。

 スペイン紙『MARCA』によれば、FFCが提出した資料には、カスティージョの虚偽の出生証明書や年齢証明書が確認されているという。エクアドルはすでにブラジル、アルゼンチン、ウルグアイとともにW杯出場権を獲得しているが、FFCは「この選手に試合に参加する可能性が認められていないため、勝点を得るのはおかしい。与えられているW杯出場権をははく奪すべき」と申し立てていた。

 加えて『MARCA』は「エクアドルの国立市民登録書からの法的なレポートによれば、エクアドルのグアヤス市でのバイロン・カスティージョの出生登録は指定されたボリューム、ページ、記録に記載されていない」とも伝えている。
【PHOTO】敵も味方も関係なし…ワールドカップの美しき光景
 
 FIFAは声明で「この件は最近になって確認された」とし、「FFCはカスティージョにはW杯予選8試合に出場できなかった可能性に関して疑惑を指摘している」と説明。そして「この状況を踏まえ、潜在的な無資格に関連した懲戒手続きを開始することを決定した。エクアドル・サッカー連盟、(繰り上げで)ペルー・サッカー連盟には、自らの立場をFIFA懲戒委員会に提出することを求める。詳細は追って伝える」としている。

 一方、エクアドル・サッカー連盟は「我々には彼が我が国の生まれである証拠が無数にある」と反論しており、証拠書類などを揃えて提出する準備を進めているという。

 国籍偽装が認められた場合、エクアドルがW杯出場権をはく奪される可能性もある。また、カスティージョが出場した試合のみ勝点がはく奪されると、南米予選5位のペルーや、6位のコロンビアではなく、7位のチリが出場権を得る計算となると指摘するメディアもある。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】C・ロナウド、ネイマール、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち