昨年は青森県の強豪・青森山田が高円宮杯プレミアリーグEAST、夏のインターハイ、冬の選手権で頂点に輝き、3冠を達成。高校サッカー界に旋風を巻き起こした。今季は4月にプレミアリーグ、プリンスリーグが開幕。また7月24日に開幕予定の全国高校総体へ向け、すでに地域によっては予選を戦っているチームもある。

 熾烈な争いのなかで、どんな逸材が頭角を現すのか。本稿では、今後プロ内定を勝ち取りそうな大注目のプレーヤーや、春先から一気に評価を高めている上昇株、知られざるダイヤの原石など、編集部が厳選した300人の注目選手を紹介する。第4回目となる今回は、九州編だ。

――◆――◆――
 
※実績の表記は下記の通り。
U-00=年代別日本代表(2020年〜2022年実績)、高校選抜=日本高校選抜

【九州】
No.141
MF
浦十藏(東福岡/3年/168センチ)
プレースタイル:スピードスター
J1クラブも注目する超高速ウインガー。昨年、鳥栖U-18から「サイド攻撃なので自分に合っている。自分が一番生きるチームかなと」東福岡へ転籍。献身的に誰よりも上下動し、その圧倒的なスピードでDFをぶち抜く。

No.142
MF
北野真平(筑陽学園/3年/178センチ)
プレースタイル:司令塔
パスセンスに長けた司令塔で、ボールを奪ったら相手の急所を突く鋭い縦パスを積極的に狙い続ける。ボディバランスも良く、激しい当たりを受けても簡単には崩れない。高校1年からスタメンを掴む実力者で、今年は怪我で出遅れたが、巻き返すだけの力は十分にある。

No.143
DF
宝納拓斗(佐賀東/3年/182センチ)
プレースタイル:エアバトラー
実績:U-17高校選抜
182センチの高身長に飛距離十分な左足のキックを備えたCB。プロからも注目されるスペックを持ち、今年に入ってからJ1クラブの合宿にも参加した。入学時から肉体強化に励んできた甲斐あり、課題だった対人の強さにも成長の跡がうかがえる。

【PHOTO】2022年の高校サッカー界を彩る注目選手を写真でチェック!〜九州編

●北海道・東北編はこちら!
【フォトギャラリー】

●東海・北信越編はこちら!
【フォトギャラリー】

●関西編はこちら!
【フォトギャラリー】

●中国・四国編はこちら!
【フォトギャラリー】
 
No.144
MF
北村一真(国見/3年/171センチ)
プレースタイル:司令塔
実績:U-17候補
パスセンスに長けたボランチで、昨年は九州新人大会でのプレーが評価され、世代別代表の候補を経験。高いレベルを経験したことで意識が変わり、決定機に関与する場面が大幅に増えた。「結果をより意識している」今年はミドルシュートが増え、より怖い選手になりつつある。

No.145
MF
田原瑠衣(大津/3年/166センチ)
プレースタイル:ドリブラー
実績:U-17高校選抜
フットサルで磨いた技術は、中学時代に留学したスペインでスカウトされるほど。高校に入ってからもテクニカルなドリブルで見る者を魅了させてきたが、昨冬からはドリブルの力強さと守備への献身さが高まり、ワンランク上の選手へと成長した。今年は主役としての活躍に期待だ。
 
No.146
FW
小林俊瑛(大津/3年/191センチ)
プレースタイル:エアバトラー
実績:U-16候補、U-17候補、U-19候補、U-17高校選抜
191センチのサイズと決定力を備えた大器は、選手権準優勝に貢献し、その後U-17高校選抜のエースとしてゴールを連発。新主将は入学当初から磨いてきたヘッド、オフザボールの動きを多くの成果に結びつけ、来冬は国立で勝つ。

No.147
MF
大迫塁(神村学園/3年/177センチ)
プレースタイル:司令塔
実績:C大阪内定、U-16、U-17候補、高校選抜
主将を務める神村学園でのプレーに集中するため、また高校生でプロデビューするため、2年生だった2月にC大阪入りを決断した。同世代の才能たちも驚く2つ3つ先の動きを読んだゲームメークとボールタッチ、左足キックは必見だ。

No.148
FW
福田師王(神村学園/3年/173センチ)
プレースタイル:ザ・ストライカー
実績:U-16、U-17、U-18候補、U-19候補、高校選抜
自身に対する周囲の盛り上がりにもブレることなく、進化を追求。クロスからのヘッド、動き出しの質、そして個でこじ開けてからのシュートと課題を一つひとつ改善し、自分のモノにしてきた。“半端ない”FWが今年、誰よりもゴールを奪う。
 
【その他の注目選手】
※表記は左からNo. 、ポジション、名前(所属/学年/身長)、タイプ、実績

149 GK 須田純弥(東福岡/3年/184センチ) ビッグセーバー U-15候補、U-17候補
150 GK 亀井一起(長崎総科大附/3年/185センチ) ビッグセーバー
151 DF 藤井葉大(飯塚/2年/180センチ) クロッサー U-16候補
152 DF 山口龍祐(佐賀商業/3年/167センチ) ダイナモ
153 DF 石川大翔(宮崎日大/3年/172センチ) クロッサー
154 DF 工藤珠凜(日章学園/3年/178センチ) ディフェンスリーダー
155 DF 蔵屋明徹(日章学園/3年/171センチ) スピードスター
156 DF 中釜尚輝(鹿児島/3年/173センチ) ディフェンスリーダー
157 DF 波平元太(那覇/3年/173センチ) ディフェンスリーダー
158 MF 濵田大夢(九州国際大付/3年/161センチ) チャンスメーカー
159 MF 久保敬太(東海大付属福岡/3年/165センチ) 司令塔
160 MF 山口凌弥(佐賀学園/3年/174センチ) 司令塔
161 MF 中村隼人(国見/3年/172センチ) スピードスター
162 MF 竹田天馬(長崎総科大附/3年/163センチ) ダイナモ
163 MF 碇明日麻(大津/2年/187センチ) 司令塔 U-17、U-17高校選抜
164 MF 長﨑義喜(ルーテル学院/2年/161) ダイナモ
165 MF 青木裕哉(秀岳館/3年/178センチ) ダイナモ
 
166 MF 青山京志郎(大分/3年/171センチ) 司令塔
167 MF 南周哉(中津東/3年/164センチ) バランサー
168 MF 工藤渓(大分工業/3年/170センチ) ダイナモ
169 MF 芥川蘭丸(宮崎日大/3年/182センチ) 司令塔
170 MF 金川羅彌(日章学園/3年/168センチ) 司令塔
171 MF 笠置潤(神村学園/3年/170センチ) バランサー
172 MF 原田天(鹿児島城西/3年/166センチ) 司令塔
173 MF 外間達也(那覇西/3年/162センチ) 司令塔
174 FW 合戸晴矢(福岡大附わかば/3年/176センチ) ザ・ストライカー
175 FW 小嶋悠央(佐賀東/3年/181センチ) ポストワーカー
176 FW 乗冨璃弥哉(龍谷/3年/177センチ) ザ・ストライカー
177 FW 波多野太一(創成館/3年/178センチ) ポストワーカー
178 FW 山口大斗(長崎日大/3年/170センチ) チャンスメーカー
179 FW 城洸佑(熊本国府/3年/176センチ) ザ・ストライカー
180 FW 川野竜聖(大分鶴崎/3年/163センチ) ドリブラー
181 FW 永冨裕汰(鵬翔/3年/177センチ) ザ・ストライカー
182 FW 名和田我空(神村学園/1年/168センチ) チャンスメーカー U-15候補
183 FW 前田隼希(鹿児島城西/3年/173センチ) ダイナモ
184 FW 伊地知龍之介(鹿児島実/2年/177センチ) チャンスメーカー
185 FW 黒木晴也(宜野湾/3年/168センチ) スピードスター

取材・文●森田将義、吉田太郎
構成●高校サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】2022年の高校サッカー界を彩る注目選手を写真でチェック!〜九州編

●北海道・東北編はこちら!
【フォトギャラリー】
​​​​​​​
●東海・北信越編はこちら!
【フォトギャラリー】

●関西編はこちら!
【フォトギャラリー】

●中国・四国編はこちら!
【フォトギャラリー】