5月12日に開催されるプレミアリーグ第22節の延期分で、冨安健洋が所属する4位のアーセナル(勝点66)は、4ポイント差で5位の宿敵トッテナム(同62)とアウェーで対戦する。

 この直接対決に勝てば、6シーズンぶりのチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権(4位以内)が得られる重要なノースロンドン・ダービーに先立ち、アーセナルがスタメン11人を発表。冨安が3試合連続で先発に名を連ねた。

【動画】「無謀」「不快だ」リーズDFの危険な両足タックルに冨安が珍しく激昂!
 4連勝を飾った8日のリーズ戦では、主戦場の右SBではなく、加入後初めて左SBに入った日本代表DFは、ミケル・アルテタ監督の期待に応え、敵の右サイド封じを貫徹。ビルドアップや崩しの局面など積極的に攻撃にも絡み、高い評価を受けた。

 この試合でも、同じく右SBが本職で両サイドに対応可能なセドリク・ソアレスもスタメン入りしており、どちらが左に回るのか。スパーズの崩しの切り札である韓国代表FWソン・フンミンとのマッチアップにも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!