Jリーグは5月14日、J1第13節の8試合を開催。レモンガススタジアム平塚では湘南ベルマーレ対横浜F・マリノスの“神奈川ダービー”が行なわれ、4−1で横浜が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

湘南/ホーム 監督:山口智
スタメン)
GK:1谷晃生 DF:22大岩一貴、4舘幸希、2杉岡大暉 MF:3石原広教、14茨田陽生、15米本拓司、11タリク、26畑大雅 FW:17大橋祐紀、9ウェリントン
サブ)
GK:31立川小太郎 DF:8大野和成 MF:10山田直輝、27池田昌生、永木亮太、7田中聡 FW:18町野修斗

横浜/アウェー 監督:ケヴィン・マスカット
スタメン)
GK:1高丘陽平 DF:25小池龍太、4畠中槙之輔、5エドゥアルド、2永戸勝也 MF:8喜田拓也、16藤田譲瑠チマ、10マルコス・ジュニオール FW:18水沼宏太、11アンデルソン・ロペス、23仲川輝人
サブ)
GK:50オビ・パウエル・オビンナ DF:27松原健、33角田涼太朗 MF:6渡辺皓太 FW:17宮市亮、30西村拓真、9レオ・セアラ

 立ち上がりは湘南がペースを握っていたが、先制したのは横浜。14分、敵陣でのパスカットに成功した水沼が、A・ロペスを経由してこぼれてきたボールを蹴りこんでネットを揺らす。

 これで勢いづいた横浜は20分、追加点をゲット。M・ジュニオールのお膳立てから小池龍が力強いシュートを叩きこむ。
【関連動画】マルコスの絶妙ヒールから小池龍がチーム2点目をゲット!
 2点リードで迎えた後半、59分に水沼のアシストからA・ロペスがチーム3点目をゲット。83分に湘南のウェリントンにゴールを許すが、90+1分に後方からのロングパスに抜け出したL・セオラがダメ押し点を挙げる。

 自慢の攻撃力をいかんなく発揮した横浜が敵地で勝点3を掴んだ一方、湘南はこの敗戦で最下位に転落した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!