現地時間5月15日、ベルギー・リーグのプレーオフ1(チャンピオンズ・ブレ―オフ)第5節が行なわれ、三笘薫と町田浩樹が所属するユニオン・サン=ジロワーズは敵地でアンデルレヒトと対戦した。

 この試合の前に行なわれたアントワープ対クラブ・ブルージュで後者が勝利し、リーグ優勝が決定。惜しくも優勝を逃したユニオンSGだが、この試合に勝利すれば、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)予選3回戦の出場権が与えられる2位が確定する状況となった。

 累積警告で町田が欠場のなか、試合開始から間もなく、左ウイングバックで先発した三笘がいきなり魅せる。2分、右サイドを駆け上がったアマニのグラウンダーの折り返しを左足で合わせてゴールネットを揺らした。公式戦8点目となるこの得点が、貴重な先制点となった。

 その後もユニオンSGが攻め続け、1点リードして前半を終える。
【動画】三笘の公式戦6ゴール目が生まれたPO初戦、アンデルレヒト戦をプレーバック
 待望の追加点は後半開始直後の50分に生まれた。カウンターから、腰を痛めているウンダフがDFを冷静にかわして流し込んだ。

 試合の流れは完全にユニオンSGに傾き、87分には三笘に対しての乱暴な行為でアンデルレヒトDFムリージョが一発退場。数的有利となったユニオンSGがそのまま、2-0で勝利を収めた。三笘はフル出場している。

 この勝利により、ユニオンSGはCL予選3回戦の出場権を獲得。プレーオフ最終節は22日、ホームでのアントワープ戦となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!