Jリーグは5月17日、4月度の「2022明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP」の受賞者を発表。J1は京都のFWピーター・ウタカ、J2は仙台のMF氣田亮真、J3は松本のFW横山歩夢が選出された。

 38歳のP・ウタカは4月の5試合で4ゴールを記録。ここまでリーグ戦で8得点を挙げており、鹿島の上田綺世と並び、得点ランキングの首位に立っている。

 京都の攻撃を牽引するストライカーについて、宮本恒靖委員は、「独特なリズム、テクニックは健在。前線でうまくためを作ることでチームの攻撃を活性化している」と選出理由を述べた。
 
 P・ウタカはMVP受賞にあたり、コメントを発表。以下のように感謝を綴った。

「今回、このような賞を受賞できたことを本当に光栄に思います。この賞は自分だけでは受賞できなかったものでした。コーチングスタッフやチームメイト、ファン・サポーターの皆さま、そして一番は奥さんに感謝したいです。

 皆さんがいたからこそ、受賞できたと思いますので、本当に皆さんのことを誇りに思います。自分にリミットはないということ、年齢というのはただの数字で、自分が何ができるかということを魅せていきたいと思いますので、これからも熱いサポートをよろしくお願いします」

 また4月に3ゴール1アシストを挙げたJ2仙台の氣田は、「この賞は自分ひとりだけの力ではなく、仙台に関わるすべての方々の努力の結晶だと思います。また日ごろからの温かいサポートに感謝しております」と喜びのコメント。4得点でチームに貢献したJ3松本の横山は、「これからさらに成長して、もっとチームが苦しいときに助けられる選手になりたい」と意気込んだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】京都ウタカが巧みなヘッド弾で今季8点目!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!