現地時間5月17日に開催されたプレミアリーグ第37節で、すでに今節を終えた首位のマンチェスター・シティを勝点4差で追う2位のリバプールが、15位のサウサンプトンと敵地セント・メリーズで対戦した。
 
 14日にチェルシーとのFAカップ決勝を制し、今シーズン2つ目のタイトルを獲得したリバプールは、大幅なターンオーバーを敢行。古巣対戦となる南野拓実が、今シーズンのプレミアリーグ初先発を果たした。公式戦の出場はノッティンガム・フォレスト戦(FAカップ準々決勝)以来、およそ2か月ぶりとなった。

 確実に勝点3を積み上げ、4冠への望みを繋げたいアウェーチームだが、13分にファーストシュートで先制を許す。レドモンドにカットインから右足を振り抜かれると、ブロックに入ったミルナーに当たってディフレクションし、ゴールに吸い込まれた。

 それでも27分、ジョッタからペナルティエリア内でラストパスを受けた南野が、右足を一振り。ニア上を豪快にぶち抜き、同点に追いつく。27歳の日本代表FWは2発を叩き込んだノーリッジ戦(FAカップ5回戦)以来、約2か月半ぶりのゴールで、公式戦24試合目にして10ゴールに達した。
【動画】豪快にニア上をぶち抜く!南野が古巣サウサンプトン戦で決めた今季10点目をチェック!
 その後も押し込むが、2点目は奪えず。1―1で折り返すと、後半はより攻撃の圧力を増し、攻めるリバプール、守るサウサンプトンの構図が続く。56分にはフィルミーノからのパスにエリア右で反応した19歳のエリオットが、利き足とは逆の右足でフィニッシュするも、枠を捉えきれない。

 状況の打開を目指し、65分にはそのエリオットに代え、これまで大事な局面で度々勝負強さを発揮してきたオリギを投入する。

 すると、直後の67分に勝ち越しが生まれる。ツィミカスのCKから、最後はマティプが滞空時間の長い絶妙なヘディングシュートを叩き込んだ。

 なおも押し込むリバプールは、86分にもツィミカスのCKからコナテがヘッドで合わせるが、枠を外れる。

 試合はこのまま2―1で終了。リーグ戦2連勝を収めたリバプールは、シティと勝点差1、得失点差―6で、ウォルバーハンプトンとの最終節を迎えることとなった。

 なお、貴重な同点弾を挙げた後も積極的にボールを呼び込み、キレのあるターンも見せた南野はフル出場している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】南野の右足が火を吹く!FA杯5回戦のノーリッジ戦で叩き込んだ2ゴールをチェック

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!