現地時間5月17日に開催されたプレミアリーグの第37節で、南野拓実が所属する2位のリバプールが15位のサウサンプトンと敵地で対戦した。

 13分に1点を先制される苦しい展開となるも、27分に今季プレミア初先発となった南野が、ペナルティエリア内でディオゴ・ジョッタからラストパスを受け、右足を一閃。強烈なシュートでニアサイドをぶち抜き、同点ゴールを奪う。

 さらに67分、CKからCBのジョエル・マティプがヘディングシュートを叩き込み、逆転に成功。2―1で競り勝ち、首位のマンチェスター・シティと1ポイント差で最終節を迎えることになった。

【動画】豪快にニア上をぶち抜く!南野が古巣サウサンプトン戦で決めた今季10点目をチェック!
 PK戦の末にチェルシーとの激闘を制したFAカップ決勝から、中2日ということもあり、その大一番から先発9人を入れ替えたユルゲン・クロップ監督は、南野らの活躍を称えている。英公共放送『BBC』が伝えた。

「信じられないほどのパフォーマンスだ。9人を変更し、選手たちのおかげでうまくいった。うまくいかなかった場合は、1000%私の責任だった」

 そして、貴重な同点弾を挙げた南野を「素晴らしいゴールを決めてくれた」と称え、「ミナミノがもっとプレーしないは罪だ」となかなか出番を与えられなかった日本代表FWに賛辞を贈った。

 22日の最終節ウォルバーハンプトン戦で、南野は2試合連続で出場機会を得られるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【動画】南野の右足が火を吹く!FA5回戦のノーリッジ戦で叩き込んだ2ゴールをチェック

【動画】南野は誰と2ショット?「メダルなし」が話題となっている機内記念写真