現地時間5月18日に開催されているヨーロッパリーグ(EL)決勝で、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルト(ドイツ)が、レンジャーズ(スコットランド)とスペインのセビージャで対戦。今大会5ゴールを挙げている鎌田は先発、長谷部はベンチスタートとなった。

 前身のUEFAカップを制した1979-80シーズン以来の戴冠を目指すフランクフルトは12分、ゴール前でパスを受けた鎌田がペナルティエリア内に侵入。ビッグチャンスとなりかけるが、相手の鋭い寄せに遭い、フィニッシュまで持ち込めない。セカンドボールに反応したソウのシュートも、GKマグレガーにキャッチされる。

 さらに20分には、クナウフが右サイドからカットインし、最後はエリア内から左足でシュート。しかし、ここもマグレガーに阻まれる。
 
 26分にはエリア手前から、アリボに振り向きざまに左足を振り抜かれるが、わずかに枠の右に外れ、難を逃れる。

 その後、フランクフルトは背番号10のコスティッチがカウンターからチャンスを迎えるも、モノにできず。前半をスコアレスで終える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「素晴らしい!」ブンデスリーガ公式が投稿した鎌田大地の多彩なゴール4連発をチェック

【動画】鎌田が長谷部と日本人選手対談! 13歳年上の大先輩の第一印象は?

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち