[J1第15節]川崎0−4湘南/5月25日/等々力陸上競技場
 
【川崎|採点】
スタメン)
GK
チョン・ソンリョン 5
DF
山根視来 4.5
山村和也 4.5
車屋紳太郎 5
佐々木旭 4(57分OUT)
MF
橘田健人 4.5
脇坂泰斗 4.5(66分OUT)
遠野大弥 4.5(57分OUT)
FW
家長昭博 4.5(66分OUT)
マルシーニョ 4.5(66分OUT)
レアンドロ・ダミアン 4.5
 
途中出場)
MF
瀬古 樹 5(56分IN)
MF
ジョアン・シミッチ 5(56分IN)
FW
宮城 天 5.5(66分 IN)
FW
知念 慶 5(66分IN)
FW
小林 悠 5(66分 IN)
 
監督)
鬼木 達 4.5
 
【川崎|寸評】
 前半は左ウイングのマルシーニョを生かすロングボールを多用。しかし、らしくないミスが散見されてリズムを崩した。後半は気持ちを入れ替えて臨んだかと思われたが連続で4点を失い、交代策も効果を発揮せずに今季3度目の4失点で大敗(ホームでは6節のC大阪〈●1-4〉に続く敗戦)。クラブ新記録となる5試合連続のクリーンシートを達成中だった守備陣が崩れ、早くも昨季を超す3敗目を喫した。
 
 これだけ不甲斐ない試合をしただけに採点は厳しくせざるを得ない。後半の早い時間での交代となった佐々木はCKでマークした町野に決められ、出場停止の谷口に代わって先発した山村らも湘南の攻撃を防ぎ切れず。キャプテンマークを巻いた脇坂ら中盤の選手も湘南のプレスに苦しみ、L・ダミアンら攻撃陣も湘南の粘り強い守備を崩すことができなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第15節PHOTO】川崎0-4湘南|後半立て続けに4得点!敵地で圧勝の湘南が神奈川ダービーを制して2連勝!

【PHOTO】等々力競技場に駆けつけた川崎フロンターレサポーターを特集!
 
[J1第15節]川崎0-4湘南/5月25日/等々力陸上競技場
 
【湘南|採点】
スタメン)
GK
1 谷 晃生 6.5
DF
16 山本脩斗 6(42分OUT)
22 大岩一貴 6.5
2 杉岡大暉 6.5
MF
26 畑 大雅 6.5
27 池田昌生 7.5(61分OUT)
15 米本拓司 6.5
11 タリク 7(61分OUT)
3 石原広教 6.5
FW
17 大橋祐紀 7.5(74分OUT)
18 町野 修斗 7.5(74分OUT)[MAN OF THE MATCH]
 
途中出場)
MF
舘 幸希 6.5(42分 IN)
FW
瀬川祐輔 6(61分 IN)
MF
山田直輝 6(61分 IN)
FW
ウェリントン 6(74分 IN)
MF
茨田陽生 6(74分IN)
 
監督)
山口 智 7
 
 
【湘南|寸評】
 激しく粘り強い守備で前半から川崎を抑えつつ、素早い攻撃でゴールに迫る。前半こそチャンスを生かし切れずスコアレスで折り返したが、後半にCKから先制点を奪うと、一気呵成に4ゴール!! 2トップ、インサイドハーフ、ウイングバックが上手く攻撃に絡みつつ、守備陣も最後まで集中を切らさずに守り切り、大きな自信につながる勝利を挙げた。
 
 MOMは大橋、池田らも候補に挙がるが、やはりチームに勢いを与える先制点をヘッドで奪い、60分にも加点した町野を選出。L・ダミアンらを抑え込んだ3バックや、チーム4点目を奪ったタリク、池田のゴールをアシストした石原らも高採点。リーグ戦で連勝に導いた山口監督の見事なマネジメントも高く評価されて然るべきだろう。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)