ベルギー1部シント=トロイデン(STVV)に所属するMF香川真司は5月27日、自身のインスタグラムを更新。“映える”と話題のアートスポットに足を運んだことを報告した。

 香川が訪れたのは、東京・渋谷にあるGMOデジタル美術館の「バンクシー展」。英国を拠点として活動している匿名アーティストのバンクシーが手掛けた3作品、「風船と少女」「Bomb Love Over Radar」「花束を投げる暴徒」を鑑賞できる。また、同施設の技術を使用し、デジタルアートとしても楽しめる工夫がされているようだ。フォトスポットは“インスタ映え”するポイントとして人気を集めている。

 写真には特にコメントは添えられていないものの、香川は4枚の写真を投稿。私服姿でアートを楽しんだようだ。
【画像】話題のフォトスポットで香川真司が記念撮影! 赤いハートの風船を…
 この投稿には、ファンからは「こんなかわいい人いるー?なかなかいないよね」「今日渋谷にいました」「世界一小さな美術館ね」「イケメンです」「アートと遊べる新しい感じかな」「ええー!仕事帰りに寄れば会えたのかーい!」といったコメントが寄せられている。

 今年1月に加入したSTVVでは、リーグ戦6試合出場し1アシストに終わった香川。先月にシーズンを終えて帰国し、古巣のセレッソ大阪のトレーニングに参加したり、サウナなどを楽しんだりと、完全復活を期す新シーズンに向けて英気を養っているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】香川がピンク色のトレーニング着姿で合流! セレッソでの生き生きとした姿をチェック

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!