DAZNで配信中の元日本代表DF内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に、元日本代表MF松井大輔(Y.S.C.C.横浜)がゲスト出演。DAZNの公式YouTubeにアップされた未公開シーンでリーグ・アン時代の面白エピソードを明かしている。

 番組内で、パリ・サンジェルマンとの契約延長をしたキリアン・エムバペの年俸が約100億円と報じられているとの話題になり、内田氏が「月10億円ぐらいもらえるの? すごいね」と驚くと、かつてリーグ・アンでプレーした松井は「でも、税金で70パーセントぐらい取られるからフランスは」と発言。「1億もらっても3000万だよ。今は変わっているかもしれないけど」と続けた。
 
 進行の野村明弘アナウンサーが、「フランス・リーグだと、(モナコ公国にある)モナコだけ税金が安くて、モナコの選手はずるいんじゃないかと言われてますね」と話すと、松井はこう明かしている。

「だから僕はモナコの試合だけは一生懸命やりましたよ。どうしても行きたくて。ヒールのやつ(ル・マン時代の2007年に決めた伝説的なジャンピングヒール弾)もモナコ戦でしょ。毎年モナコの試合だけは点を取ってるんですよ。『税金ないっ』ってシュートを打ってた」

 これには内田氏も大爆笑。「ちゃんとやってください。真摯にサッカーに打ち込んでくださいね」と突っ込んでいた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】松井大輔が対戦時に最も燃えたチームを相手に決めた「伝説のジャンピングヒール弾」

【動画】内田篤人も爆笑!お金にまつわるフランス時代のエピソードを明かす松井

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち