現地時間5月28日、パリ近郊サンドニのスタッド・ド・フランスで開催されているチャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝で、レアル・マドリー(スペイン)とリバプール(イングランド)が激闘を繰り広げている。

 リバプールを1−3で破った2017-18シーズン以来史上最多14度目の戴冠を狙うマドリーは、GKにクルトワ、最終ラインに右からカルバハル、ミリトン、アラバ、メンディ、中盤はアンカーにカゼミーロ、インサイドハーフにモドリッチとクロース、前線に右からバルベルデ、ベンゼマ、ヴィニシウスと今季のベストメンバーとも言える11人を送り出した。

 一方、その4年前のリベンジを果たし、3季ぶり7度目の欧州制覇を目論むリバプールはGKにアリソン、最終ラインは右からアレクサンダー=アーノルド、コナテ、ファン・ダイク、ロバートソン、アンカーにファビーニョ、インサイドハーフにへンダーソンとチアゴ、注目の3トップは右からサラー、マネ、ディアスが並んだ。南野拓実は、2011-12シーズンの宇佐美貴史(バイエルン)以来、日本人選手として2人目のCL決勝ベンチ入りを果たした。

 リバプールファンの入場が遅れ、キックオフが36分遅延するという異例の幕開けとなったこの試合、立ち上がりは五分五分の展開となる。

 最初に決定機を作り出したのはリバプールだった。15分、エリア内に持ち込んだアレクサンダー=アーノルドのパスに、サラーが右足でダイレクトシュート。これはGKクルトワの好セーブに阻まれる。

【画像】サラーの決定的なシュートをクルトワがビッグセーブ
 ここからレッズがマネ、アレクサンダー=アーノルドと立て続けにシュートを放ち、21分には、エリア内でボールを受けたマネが、DFをかわして強烈な右足を一閃。これもクルトワが指先で触り、ポストに直撃する。

 リバプールは34分にも、アレクサンダー=アーノルドの左足のクロスにサラーがヘッドで合わせるも、クルトワの正面を突く。

 前半終了間際に、ようやくマドリーにチャンス。混戦から最後はベンゼマがネットを揺らすも、オフサイドでゴールは認められない。

 シュート数は10対1とリバプールが圧倒したものの、スコアレスで前半を終えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】チャンピオンズリーグ決勝の舞台に駆けつけたリバプール&レアル・マドリー両サポーターを特集!

【動画】CL決勝で日本人初出場なるか。アップに登場する南野拓実

【動画】まさかのキックオフ延期…入場ゲートはカオス状態に