[J1第16節]柏3−1清水/5月29日/三協フロンテア柏スタジアム

【柏|採点】
スタメン)
GK
佐々木雅士 6
DF
高橋祐治 6
上島拓巳 6
古賀太陽 6.5
MF
大南拓磨 6.5
椎橋慧也 6
三丸 拡 6
戸嶋祥郎 6.5(85分OUT)
マテウス・サヴィオ 7(79分OUT)
FW
小屋松知哉 6(90+1分OUT)
細谷真大 7.5(85分OUT)

途中出場)
MFドッジ  ―(79分IN)
FW森 海渡 ―(85分IN)
MF大谷秀和 ―(85分IN)
FW真家英嵩 ―(90+1分IN)

監督)
ネルシーニョ 6.5
 
【柏|寸評】
 最終ラインを高く保ち、ハイプレスからカウンターを発動。攻撃は多彩で、パスワークからの崩しも見せた。

 敵陣に押し込んだ13分には、戸嶋からの斜めのパスを受けたM・サヴィオが、鋭い切り返しから左足を振り抜き、ビューティフルショットをゴール左に突き刺す。一方でカウンター時には、細谷が迫力満点の高速ドリブルで相手DFを翻弄。そしてこの“爆速”ストライカーは、39分に古賀のスルーパスに反応し、冷静な左足シュートで相手GKとの1対1を制した。

 後半もゲームを優勢に進め、58分にはCKの流れから細谷のアシストで大南がネットを揺らす。64分の失点は残念だったが、大崩れせずに1失点でゲームを締めたあたりに粘り強さを感じた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】柏レイソルを応援する美女サポーターたち
【清水|採点】
スタメン)
GK
権田修一 4.5
DF
岸本武流 4.5(60分OUT)
立田悠悟 4.5
鈴木義宜 5
山原怜音 4.5
MF
宮本航汰 5
白崎凌兵 5(75分OUT)
中山克広 4.5(HT OUT)
鈴木唯人 5
西澤健太 4.5(HT OUT)
FW
チアゴ・サンタナ 4.5(60分OUT)

途中出場)
FWベンジャミン・コロリ 5(HT IN)
MF松岡大起 5(HT IN)
FWオ・セフン 5(60分IN)
DF片山瑛一 5.5(60分IN)
MF後藤優介 5(75分IN)

監督)
平岡宏章 4
【清水|寸評】
 ボールを保持する意図は立ち上がりから垣間見えたが、一定のテンポの無難なパス回しに終始し、むしろボールロストからカウンターを受けるシーンが散見された。
 
 プレスのかけ方が定まっていない様子で、連動性も乏しく、ゆえに球際も甘かった。実際、13分には簡単にバイタルエリアを攻略されて失点。攻めに転じても、とりわけT・サンタナの運動量が少なかったせいか、パスの出しどころがなく、相手の守備ブロックの外を回る攻撃は怖くなかった。コンビネーションもちぐはぐで、39分には連係ミスでボールを失い、そこから2失点目を喫した。

 松岡とB・コロリを投入した後半も劇的な改善は見られず、58分にセットプレーから失点。ただ、60分に途中出場した片山が、ピッチに立ってから4分後、鈴木義のフィードを受けて見事なシュートを決める。個の能力は申し分ないだけに、組織として早めに噛み合っていれば……と歯がゆくなる試合だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】今シーズンもきらびやか!清水エスパルスのチアリーダー、オレンジウェーブ特集‼