Jリーグは5月29日、J1第16節の7試合を各地で開催。味の素スタジアムではFC東京対鹿島アントラーズが行なわれ、3−1でホームの前者が首位チームに勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

FC東京/ホーム 監督:アルベル
スタメン)
GK:24ヤクブ・スウォビィク DF:5長友佑都、30木本恭生、3森重真人、6小川諒也 MF:44松木玖生、16青木拓矢、31安部柊斗 FW:23渡邊凌磨、9ディエゴ・オリヴェイラ、15アダイウトン
サブ)
GK:13波多野豪 DF:29岡崎慎、37中村帆高 MF:10東慶悟 FW:11永井謙佑、17紺野和也、19山下敬大

鹿島/アウェー 監督:レネ・ヴァイラー
スタメン)
GK:1クォン・スンテ DF:32常本佳吾、15ブエノ、6三竿健斗、2安西幸輝 MF:14樋口雄太、21ディエゴ・ピトゥカ、7ファン・アラーノ、17アルトゥール・カイキ FW:18上田綺世、40鈴木優磨
サブ)
GK:31沖悠哉 DF:22広瀬陸斗、5関川郁万 MF:11和泉竜司、34舩橋佑、8土居聖真 FW:19染野唯月

 序盤から局面で激しいバトルが繰り広げられるなか、先手を取ったのはFC東京。33分、D・オリヴェイラとのワンツーから渡邊がグラウンダーのシュートを流し込む。

 さらに42分、渡邊が2点目をゲット。相手ゴール前で粘ったD・オリヴェイラのパスをダイレクトで豪快に蹴りこむ。前半はFC東京の2点リードで折り返す。
 
 優位に立つFC東京は、50分に鋭いドリブルを仕掛けたアダイウトンがエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーのD・オリヴェイラが見事なショットでネットを揺らす。

 苦しい状況に追い込まれた鹿島は、54分に1点を返す。和泉のお膳立てから、6月シリーズに臨む日本代表に選出されている上田が狙いすましたシュートで、今季10点目となるゴールをマークする。

 だが、鹿島の反撃もここまで。2点のリードを守り切ったFC東京は連勝を達成、敗れた鹿島は4試合ぶりの黒星となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】FC東京の歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【PHOTO】鹿島アントラーズの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!