現地時間5月28日、パリ近郊サンドニのスタッド・ドゥ・フランスでチャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝が開催され、レアル・マドリーがリバプールに1―0と勝利。4シーズンぶり14度目の戴冠を果たした。

 この結果に伴い、8月に行なわれるUEFAスーパーカップで、マドリーとヨーロッパリーグ(EL)で優勝したブンデスリーガのフランクフルトの対戦が決まった。
【動画】フランクフルトがレンジャーズをPK戦の末に破りEL初制覇! 長谷部&鎌田も出場した試合をチェック

 同カップは前シーズンのCL王者とEL王者が激突。今年は8月10日、フィンランドのヘルシンキでの開催が決まっている。
【動画】道路を人が埋め尽くし、バス移動にもひと苦労! フランクフルトの熱狂的なサポーターによる圧巻の光景をチェック
 フランクフルトはCLの結果終了後に、クラブの公式SNSでマドリーとの対戦が決まったことを報告。現地サポーターからは「こんなことが実現するなんて」「アンチェロッティよりもグラスナーが上!」「バルサに勝ったから…勝てるのでは」「今年はドイツのクラブに殴られる回数のほうが多かった。スペインのクラブを殴った回数よりもだ」「62年ぶりのレアル・マドリーとの対戦だ」「チケット絶対欲しい!」といったコメントが寄せられた。

 また、去就が不透明であるフランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、自身のインスタグラムのストーリーで同投稿を引用。コメントなどは添えていないが、闘志を燃やしているようだ。

 近年3大会はCL王者が勝利しているが、フランクフルトはどこまで“白い巨人”に食らいつくことができるか。注目の一戦となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【21‐22 CL決勝PHOTO】ヴィニシウスが決勝弾!マドリーが最多14度目の欧州制覇!

【PHOTO】チャンピオンズリーグ決勝の舞台に駆けつけたリバプール&レアル・マドリー両サポーターを特集!