日本代表は6月2日、札幌ドームでパラグアイ代表と対戦。そのゲームで三笘薫が巧みなボールタッチから奪った追加点に反響が集まっている。

 2−1とリードして迎えた60分だ。原口元気がペナルティエリア手前でボールを持つと、相手DFを引き付けてペナルティエリア左へスルーパスを供給。これに反応した三笘が絶妙なトラップから華麗なループシュートでネットを揺らし、チームの3点目を決めたのだ。

 三笘にとっては代表3ゴール目。SNS上ではファンから絶賛の声が相次いでいる。
 
「きたーーーー」
「キレキレだ!」
「ファーストタッチがすべて」
「日本の宝だ」
「上手すぎる!」
「もう別格」
「三笘が無双状態」
「ボール持ったときの期待感がすごい」
「三笘がメッシに見えてくる」
「さすがの高い技術のシュート」
「圧倒的だな」

 また、テレビ中継の解説を務める元日本代表の小野伸二も、「ファーストタッチが絶妙ですよね。素晴らしいゴールです」と賞賛。試合はその後、85分に途中出場の田中碧が追加点を挙げ、4−1と日本のリードで時間は推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【キリンチャレンジカップPHOTO】浅野と鎌田がゴールし2点をリード!追加点を目指して後半へ折り返す

【PHOTO】札幌ドームに駆けつけた日本代表サポーターを特集!