日本代表は6月10日、キリンカップサッカーでガーナ代表と対戦し、4−1で勝利した。

 森保ジャパンの先発メンバーは、以下のとおり。GKに川島永嗣、4バックは山根視来、谷口彰悟、吉田麻也、伊藤洋輝、アンカーに遠藤航、インサイドハーフは柴崎岳と久保建英、3トップは堂安律、上田綺世、三笘薫というラインナップに。

 前半は立ち上がりから日本が攻め込む。多くのチャンスを作るなか、29分、バイタルエリアで久保から堂安とつなぎ、最後はエリア内に侵入した山根が流し込み、先制点を挙げる。

 その山根は44分、自身のミスから失点に絡む。中央へのパスがカットされ、ジョーダン・アユーに強烈なシュートを叩き込まれた。だが、45+1分、三笘の左サイドからのクロスがそのままゴールに吸い込まれ、ふたたびガーナを突き放す。

 2−1で前半を終えた日本は、後半もアグレッシブな姿勢で次の1点を狙う。守備に転じれば、素早い攻守の切り替えから全員が高い集中力でピンチを未然に防いでいく。
 
 一進一退の攻防が続くなか、73分、チーム3点目が生まれる。決めたのは、久保。左サイドを突破した三笘のクロスから、自慢の左足で流し込んだ。久保にとってはこれが嬉しい代表初ゴールとなった。

 さらに82分、前田大然も代表初得点をマークする。こちらは伊東純也のお膳立てから、左足で確実にプッシュした。

 試合はそのまま4−1でタイムアップ。攻撃陣が爆発し、アフリカの難敵を下した日本は14日、タイトルを懸けてチュニジアと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】日本の2点目!三笘薫の鋭いシュート性のクロスが直接ネットを揺らす!

【PHOTO】W杯メンバー入りをかけた4連戦!6月の強化試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介

【関連動画】久保が待望の代表初ゴール! 三笘のクロスから見事な左足ショット!