6月10日に開催されたキリンカップサッカー2022で、日本代表はガーナ代表とノエビアスタジアム神戸で対戦。久保建英と前田大然に待望のA代表初ゴールが生まれるなど、4―1で快勝を収めた。その翌日に前田がオンライン会見に出席し、自身の置かれた立場について語った。

 前田は、2日のパラグアイ戦(〇4―1)、ブラジル戦(●0−1)ではいずれも途中出場し、自慢の“鬼プレス”で会場を沸かせるなど、見せ場を作ったが、目に見える結果は残せずにいた。本人には相当な悔しさがあったようだ。

 ガーナ戦で7キャップ目にして、ついにネットを揺らした際には、お馴染みのアンパンマンのパフォーマンスを封印していた。

「1試合目(パラグアイ戦)のものを挽回したいという思いでやっていたので、もちろんパフォーマンスはしたかったですけど、そういう状況ではないと自分でも感じていたので。まずはゴールというところをしっかりファン・サポーターに見てほしかったので、やらなかったです」
 
 昨夏の東京五輪に続き、カタール・ワールドカップ出場へ。当然メンバー入りは目標だが、前田はキャリア全体を見据え、広い視野で今冬に迫る大舞台を捉えている。

「もちろん出たら、自分のキャリアが変わってくることも分かっています。でもあんまり自分はそこだけを見たくないので、そこまで意識はしていないのかなと思います」

 セルティックではウイングでの起用が多いが、代表では主戦場となっているCFには、セルティックのチームメイトでもある古橋亨梧ほか、浅野拓磨に上田綺世、今シリーズでは招集外となった大迫勇也もいる。24歳の快速FWはライバルとの違いを生み出し、日本代表に欠かせぬ存在となれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】滑り込みながら魂のプッシュ!前田大然が奪った待望のA代表初ゴールをチェック

【キリンカップPHOTO】日本4ー1ガーナ|久保&前田がA代表初ゴール!4発快勝でチュニジアの待つ決勝の舞台へ

【PHOTO】ノエビアスタジアム神戸に駆けつけた日本代表サポーターを特集!