[キリンカップ]日本 0-3 チュニジア/6月14日/パナソニックスタジアム吹田
 
【日本代表・総評】
4.5
 4連戦の最後の一戦でチュニジアに完敗。前半は日本と同じ4-3-3の立ち位置を取った相手に中盤の構成力をなかなか高められず。武器のサイド攻撃を生かしてチャンスを作ったが、単発のアタックとなり、後半はミスも絡んで3失点。年末のワールドカップ本番に不安に残す敗戦となった。
 
【個人採点・寸評】
GK
23 シュミット・ダニエル 5
今回の4連戦にあって、GK陣で唯一の2試合目の出場。チャンスを得てゴールを守った。一方でアピールしたかった足もとの技術が輝いたシーンは限られた。PKの失点は責められないが、2失点目はCBふたりと呼吸を合わせて前に出たかったか。3失点目は強烈なミドルを決められた。
 
DF
5 長友佑都 5.5
前半に一度、危険なパスミスがあったが、相手のロングフィードを相手に競り勝って伊東につないで好機を生み出すなど要所で働いた。粘り強い守備も。ただ勝利には結びつかず。後半はやや息切れしたか。
 
22 吉田麻也 4
ボールを持つシーンが多く、相棒の板倉とともに前へ展開しようと苦心。好フィードも見せたが、後半立ち上がりに悔しいPK献上。そして、いただけない対応で2失点目も許す。GKと意思疎通がうまくいかなかったか。主将にあのプレーが出てしまうと……。
 
4 板倉 滉 5.5
前が詰まっていると判断すると、自ら持ち出して浮き球のパスを供給。もう少し縦に付けたかっただろうが、工夫が感じられた。それでも吉田と守備を統率し切れずに3失点。悔いの残る一戦に。
 
26 伊藤洋輝 5
左SBとして力強いプレーを披露し、攻撃面では前の南野をサポート。ただ吉田がPKを取られたシーンでは相手のロングパスをクリア仕切れなかった。
 
8 原口元気 5(HT OUT)
この日もインサイドハーフで先発。中盤でボールを引き出そうと動き、伊東の突破もフォローしたが、ハーフタイムで交代。もっとチームの潤滑油になりたかった。
 
6 遠藤 航 4.5
前半は中盤で狙われ、ボールを失う場面も。周囲のフォローも必要だったが、リズムを崩し、後半にもパスミスがあったのはマイナス材料。奮闘は評価したいものの、チームの軸だけに苦境を打開してほしかった。疲労も溜まっていたか。
 
14 伊東純也 6(70分OUT)
日本の攻撃のキーマンであることを改めて証明。右サイドから何度もクロスを送り、攻撃を活性化。彼を生かすチームとしての意識も統一されていた。
 
10 南野拓実 5(70分OUT)
左サイドの攻撃を支えつつ、41分にはネットを揺らすもオフサイドの判定。結果が欲しかったが、ゴールが遠かった。
 
9 鎌田大地 5(59分OUT)
前半のビッグチャンスは決めたかった。前半はチュニジアの圧を受け窮屈にプレーした印象だ。調子が乗り始めたように見えた後半の早い時間にベンチへ。
 
FW
18 浅野拓磨 5(59分OUT)
裏抜けや、ドリブルでのキープで貢献しようと奮闘。チャンスにも絡んだが……。アピールとはいかず。
 
交代出場
MF
17 田中 碧 5.5(HT IN)
後半頭から出場。首を振ってポジションを取り直しながらボール引き出そうと試みた。走力も生かした働きは確実にプラスではあった。
 
MF
15 三笘 薫 5(59分IN)
ジョーカー役を担ったこの日は、早めの出場。自慢の左サイドからの突破を見せて会場を沸かせ、精度は課題ながらシュートも放った。しかし3失点目の場面では相手にボールを渡してしまい、厳しい点数を付けざるを得ないか。
 
FW
19 古橋亨梧 5.5(59分IN)
浅野に代わって出場。最前線に入り、ボールを収めながら周囲と連動しようとした。精力的に走ったが、ストライカーとして求められたゴールは生み出せなかった。
 
MF
11 久保建英 5.5(70分IN)
巧みなテクニックで局面を打開しようと仕掛け続けた。4日前の試合でA代表初ゴールを奪っていたアタッカーは調子の良さを感じさせたが、結果にはつなげられず。
 
MF
21 堂安 律 5.5(70分IN)
久保とともにピッチへ。その相棒や三笘とのパス交換でチュニジアを崩そうと試みた。動き自体は悪くなかったが……。
 
DF
2 山根視来 ―(81分IN)
残り10分を切ったところでピッチに送り出される。カウンターをケアしながら攻撃にも出ようとした。
 
監督
森保 一 4.5
チーム全体に疲労も溜まっていたか。どこか判断が曖昧になるシーンもあり、上手くマネジメントできたとは言えなかった。素晴らしいパフォーマンスを見せたチュニジアを上回る策も提示できず。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】W杯メンバー入りをかけた4連戦!6月の強化試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!