古橋亨悟や前田大然、旗手怜央、井手口陽介ら日本人カルテットが在籍するスコットランド1部セルティックに、頼もしい味方が加わった。6月17日、クラブの公式サイトで元オーストラリア代表のレジェンド、ハリー・キューウェルがトップチームのコーチに就任したことが発表された。

 キューウェルは現役時代、イングランドのリーズやリバプール、トルコのガラタサライなどでプレー。リバプール在籍時にはチャンピオンズ・リーグ制覇も経験した。オーストラリア代表でも長年に渡って活躍し、ワールドカップやアジアカップで対戦した日本代表にとっても手強い相手だった。

“オズの魔法使い”の愛称でも親しまれるキューウェルのコーチ就任を、かつてオーストラリア代表を率いたこともあるアンジェ・ポステゴグルー監督も歓迎している。

「ハリーが私のスタッフに加わってくれて、本当に嬉しい。彼は最高レベルのサッカーを熟知しており、私やチームが考えるサッカーをしたいと思っている。彼はセルティックに来ることをとても楽しみにしているし、クラブの規模や私たちの野望をよく理解しているので、チームにポジティブな変化をもたらしてくれる」
 
 また、オーストラリアの英雄も今回のコーチ就任に喜びを爆発させている。

「セルティックに入団し、アンジェとチームを組めることは大変な名誉なこと。就任1年目から素晴らしい結果を残した。これほど早くチーム状況を好転させ、チャンピオンになれたのは、アンジェとクラブの全員のおかげだ。アンジェやコーチングスタッフ、選手たちと一緒にこれからのチャレンジに参加することが待ち遠しく、将来の成功のために自分の役割を果たしたい」

 この発表にSNS上では「大好きな選手でした」「懐かしすぎ!」「来季もセルティック全力応援ですわ」「オズの魔法使い!」「良いニューズだ」といった声が上がった。

 日本のサッカーファンの間でも馴染みの深いキューウェル。来季、チームに“魔法”をかけることができるのか期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち