6月22日、天皇杯の3回戦が各地で開催された。

 J1で首位に立つ横浜は栃木と対戦。58分に神戸康輔に得点を許し、90+1分にもジュニーニョにゴールを割られ、0−2で敗れた。

 ディフェンディングチャンピオンの浦和は、群馬に0−1で敗戦。かつての指揮官・大槻毅監督が率いる相手に無得点で終わった。35分に髙木彰人が挙げたゴールが決勝点に。

 川崎は東京Vに0−1。自慢の攻撃陣は最後まで振るわず、39分に佐藤凌我に奪われた1点に泣いた。

 鹿島は大宮に3−0で勝利。16分に仲間隼斗、52分に鈴木優磨、90分に上田綺世が得点し、最後までリードを守り切り、危なげなく勝ち切った。

 徳島と相まみえた柏は、開始4分に西野太陽のゴールで先制を許すも、51分に土屋巧、57分に森海渡の得点で逆転。2−1で勝利を収めた。広島は横浜FCを相手に、12分に森島司、58分に東俊希、75分にドウグラス・ヴィエイラ、90分と90+3分に松本泰志がそれぞれネットを揺らし、5−0で快勝した。
 
 天皇杯3回戦の結果は以下のとおり。

札幌 1−2 甲府
湘南 0−1 磐田
福岡 3−1 岩手
鹿島 3−0 大宮
浦和 0−1 群馬
柏 2−1 徳島
FC東京 2ex3 長崎
川崎 0−1 東京V
横浜 0−2 栃木
清水 0−1 京都
名古屋 1−0 金沢
G大阪 3−1 大分
C大阪 3−2 仙台
神戸 2−1 山口
広島 5−0 横浜FC
鳥栖 3−2 熊本

 7月13日に行なわれるラウンド16の対戦カードは以下のとおり。

東京V×磐田
福岡×長崎
鹿島×G大阪
名古屋×C大阪
栃木×京都
鳥栖×甲府
神戸×柏
群馬×広島

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!