日本代表DFとの別れについて、シャルケのスポーツダイレクターが口を開いたようだ。

 2021−22シーズンはマンチェスター・シティからのレンタルで、ドイツ2部シャルケでプレーした板倉滉。リーグ戦31試合出場・4ゴールという活躍で1部昇格に貢献しただけに、クラブは保有元のシティからの買取を望んでいたとされる。しかし、財政難に陥っているシャルケは500万ユーロ(約6億7500万円)の支払いを断念し、獲得を見送ることになった。

 同クラブのルーベン・シュレーダーSDは、現地紙『BILD』の取材に対して、「板倉との別れは信じられないほど辛かった」と告白した。

 同紙によれば、この議論についてはクラブの理事会でも度々意見が交わされ、最後まで分割払いやトレード案なども提示し、板倉を引き留める方法を模索していたようだ。しかしながら、シティ側との交渉はうまくいかずに退団を告げることになったという。
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 シュレーダーSDは「本当に、彼の退団は我々にとってものすごく大きな痛手だ」と語ったという。

「クラブにとって本当に必要な選手だった。彼に退団を告げるとき、私はビデオ電話を通じてコウに話さなければならなかった。とても辛かった。この1年でクラブと彼の間に生まれた絆は大きく、お互いに親愛を抱いていた。選手たちも、ファンも彼を惜しんでいた。彼も好きでいてくれたと思う。だから、お互いに感情的になることを抑えられなかったよ」

 シャルケの買取断念が通達された後、板倉に対しては同じドイツのフランクフルトやホッフェンハイム、ボルシアMG、フライブルク、イングランドのフルアムやボーンマス、スコットランドのセルティックなども獲得に興味を示したとされる。

 このうち、現時点で最も可能性が高いとされているのはドイツの名門ボルシアMGだ。もし今夏の移籍が間に合った場合、皮肉なことに新天地での最初のアウェーゲームはシャルケのホームであるフェルテンス・アレーナになるという。

 現地メディア『90min』は「なんとも皮肉な展開だ」と評しつつ、「シャルケを1部に戻し、そのプレーが愛された存在が”凱旋”するとすれば、それはおそらく歓迎されるのだろう」と綴っている。

 日本代表でも頭角を現している板倉。11月のカタール・ワールドカップ出場も視野に、新天地もドイツに定めるのか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】堂安律、久保建英、板倉滉、中山雄太の個性的なスタイリングにも注目! 東京五輪メンバーの爽やか集合フォトをチェック

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!