TBSは、6月26日から放送が開始される連続ドラマ『オールドルーキー』にサッカー解説者の松木安太郎氏が出演することを発表した。

『オールドルーキー』は、元日本代表のJリーガーである主人公が突然の引退後にスポーツマネージメントの世界に飛び込む物語。主人公が最も活躍していた時期の日本代表戦の解説を松木氏が本人役で演じる。
 
 また、同番組では元日本代表の大久保嘉人氏がサッカー研修を担当し、加地亮氏、坪井慶介氏、那須大亮氏、秋元陽太氏も選手役で出演する。

 松木氏は同番組ホームページで、「普段スポーツ選手は、華やかなところで頑張っている姿しか見えませんが、実はそうでないところでいろいろな苦労があったり、悩みがあったり…。1人だけで頑張っていける選手はなかなかいないと思います。そのような選手たちの気持ちを素晴らしく、分かりやすく捉えたドラマだと思っております。このドラマを見ることで、スポーツ選手たちの生き様に改めて感動していただけるような時間になったら大変うれしいです。ぜひ皆さんご覧ください!」とコメントしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連画像】大久保嘉人がTBS『オールドルーキー』のサッカー監修を担当。選手役で出演の加地亮、坪井慶介、那須大亮、秋元陽太との写真を公開

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!