元日本代表DFの内田篤人氏が自身の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、シャルケ時代に共闘したドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(現バイエルン)の凄さについて語った。

 6月23日に配信された最新回には、日本代表GK川島永嗣(ストラスブール)がゲスト出演。カタール・ワールドカップで対戦するドイツ代表のゴールマウスを長らく守ってきたノイアーの最新プレーをチェックした。

 その中で、内田氏が思わず驚きの声を上げたのが、今月14日に開催されたネーションズ・リーグのイタリア戦で、名手が見せた衝撃の神セーブだ。敵のミドルシュートに対し、左に動いたノイアーだが、途中でカットしたイタリアのMFニコロ・バレッラに、至近距離から逆側へシュートを浴びる。完全に逆を突かれたものの、なんとすぐさま右に動いて横っ飛び。がら空きのゴールに流し込むだけかと思われたシュートを間一髪でかき出したのだ。

【動画】「すげぇな」元同僚の内田篤人も驚愕!W杯で対戦するドイツ代表の守護神ノイアーが見せた衝撃の神セーブ
 これには元同僚の内田氏も「すげぇな、ノイアー、すげぇな」と感嘆。さらに、シャルケ時代のエピソードを明かしている。

「足下も上手い。ポゼッション(の練習)とかもフィールドプレーヤーの中に入っても全然見劣りしない。でかいし、反応早いし。たぶん足も俺と同じぐらい速い」

 W杯初戦で対戦するこの最強GKの牙城を、森保ジャパンは果たして崩せるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のバイエルン・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち