[J1第18節]横浜4−0柏/6月25日/日産スタジアム

【横浜|採点】
スタメン)
GK
高丘陽平 6.5
DF
松原 健 6.5
畠中槙之輔 6.5(80分 OUT)
角田涼太朗 6.5
永戸勝也 6
MF
藤田譲瑠チマ 6.5
岩田智輝 6.5(57分 OUT)
西村拓真 7(66分OUT)
FW
水沼宏太 7(66分OUT)
レオ・セアラ 7.5【MAN OF THE MATCH】
エウベル 7(80分OUT)

途中出場)
MF
渡辺皓太 6(57分IN)
FW
マルコス・ジュニオール 6(66分IN)
FW
仲川輝人 6(66分IN)
MF
山根 陸 −(80分 IN)
FW
宮市 亮 −(80分IN)

監督)
ケヴィン・マスカット 6.5
 
【横浜|寸評】
 序盤こそ相手DFのロングボールからピンチを迎えるも、最終ラインから丁寧につないで徐々にリズムを作り、前半だけで3得点を奪う。後半も開始早々に得点を挙げ、その後もボールを支配して完勝。天皇杯3回戦で栃木に0−2で負けた影響を一切感じさせなかった。

 MOMは全得点に絡んだL・セアラ。2得点に加え、ポストプレーで起点になり、西村、水沼の得点もアシストするなど抜群のパフォーマンスを披露した。また、攻撃陣のコンビネーションや守備時のハイプレスも光った。守備では畠中、角田を中心に“壁”を作り、相手DFのロングボールを何度も押し返すなど、細谷ら敵の攻撃陣に自由を与えなかった。後半は相手が前に出てきたため押し込まれるシーンもあったが、危なげない守備で無失点に抑えた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
[J1第18節]横浜4-0柏/6月25日/日産スタジアム

【柏|採点】
スタメン)
GK
佐々木雅士 5
DF
大南拓磨 4.5(HT OUT)
高橋祐治 5
上島拓巳 4(71分OUT)
古賀太陽 5
三丸 拡 5
MF
三原雅俊 4.5(HT OUT)
マテウス・サヴィオ 5(79分OUT)
戸嶋祥郎 4.5(HT OUT)
FW
細谷真大 5(72分OUT)
小屋松知哉 5(57分OUT)

途中出場)
DF
川口尚紀 5(HT IN)
MF
ドッジ 5(HTIN)
MF
加藤匠人 5(HTIN)
FW
森 海渡 5(72分IN)
FW
武藤雄樹 −(79分IN)

監督)
ネルシーニョ 5
 
【柏|寸評】
 横浜のハイテンポなパス回しに翻弄され、ボールを奪えない時間が続いた。上島を中心とした守備陣も横浜の攻撃陣のハイプレスに苦しみ、なかなか前線にボールを供給できず、前半だけで3失点。後半開始から3人交代し状況を変えようと試みるも、指揮官の采配は奏功しなかった。

 前半でボールがなかなか奪えない時間が続いたのは、前線に加えて三原や戸嶋ら中盤のプレスがハマらなかったからだろう。2失点目につながった上島のボールロストは痛かった。攻撃の軸であるM・サヴィオも厳しくマークされ、苛立ちを隠せなかった。得点が期待された細谷は、自慢のスピードを活かして相手DFの裏に抜けるなど奮闘するもゴールは奪えず、小屋松は存在感を発揮できず。後半に投入された川口やドッジ、加藤も流れを変えることはできず、前節は途中交代でゴールを挙げた武藤も沈黙した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】横浜F・マリノスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!