ブンデスリーガのバイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの去就を巡り、落ち着かない状況が続いている。

 在籍8シーズンで6度のリーグ得点王に輝いている34歳のストライカーは、今夏にラ・リーガのバルセロナへの移籍を希望しているとされる。個人とクラブの間では合意に達しているとも報じられているが、状況は芳しくないようだ。
【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!
 なぜなら、ドイツメディア『SPORT1』によれば、移籍金5000万ユーロ(約70億円)とされる金額に対して、バルセロナの提示額が達しておらず、2度に渡ってバイエルン側がオファーを拒否。さらにバイエルンは現在、バルセロナから掛かってきた電話にも出ない”絶縁状態”だという。

 このクラブ側の態度に、レバンドフスキは大きな不満を抱いているようだ。同メディアによれば、「彼は、バルサへの移籍を強行することも厭わない姿勢で今夏にかけている。自らの道を切り開くためには、思い切った手段を取る可能性が高い。すでにチームのプレシーズンには参加しないという意志を明らかにしている」という。

 前人未到の10連覇という快挙を成し遂げた絶対王者のバイエルン。あくまで2023年6月末までの契約の完遂を望むクラブ側と、その偉大な成績に少なくない貢献をしたストライカーの個人の希望は完全にすれ違っているようだ。今後の動向が注目される。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!