ヴィッセル神戸は7月6日、J1第20節で清水エスパルスとホームで対戦。最下位神戸と17位清水の“裏天王山”となったこの一戦で、8分に早くも神戸が先制点を奪う。

 アンドレス・イニエスタを起点に、パスを受けた武藤嘉紀が右サイドを突破し、クロスを供給。ボールは相手に当たってディフレクションしたが、ゴール前で待つ汰木康也が巧みにボレーで合わせてネットを揺らした。
 
 5月に行なわれた13節・鳥栖戦以来となる汰木のゴールで、試合は神戸が1点をリードして前半を折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】裏天王山で神戸が先制! 汰木の鮮烈ボレー弾!