Jリーグは7月6日、J1第20節の8試合を各地で開催した。

 首位を走る横浜はホームで広島と対戦。前半に小池裕太のゴールで先手を取ると、後半に西村拓真が追加点。終了間際にも宮市亮がダメ押し弾を挙げ、3−0で完勝を収める。横浜はこれで6連勝と首位の座をがっちりキープした。

 横浜を勝点3差で追う2位の鹿島は、C大阪を相手に3−3のドロー決着。2−3で迎えた89分、エヴェラウドが見事なバイシクルシュートで起死回生の同点弾をゲット。辛くも勝点1をもぎ取った。

 最下位の神戸対17位の清水の“裏天王山”は、前者が2−1で勝利。1−1で迎えた90+2分、大迫勇也が劇的な決勝弾。この勝利で神戸は清水と勝点17で並ぶも、得失点差で上回り、最下位を脱出した。

 湘南はG大阪と相まみえ、43分に大橋祐紀が奪った1点を最後まで守り切り、1−0の完封勝ち。4試合連続クリーンシート達成の湘南は、自慢の堅守で着実に勝点を積み上げている。

 浦和対京都は2−2の引き分け。先にリードを許した京都は一時、逆転に成功も、浦和は先制点を決めたダヴィド・モーベルグが、この日、2点目をゲット。勝点1を分け合う結果となった。
 
 J1第20節の結果は以下のとおり。

鹿島 3−3 C大阪
柏 0−1 名古屋
FC東京 3−0 札幌
川崎 中止 鳥栖
横浜 3−0 広島
湘南 1−0 G大阪
磐田 0−1 福岡
神戸 2−1 清水
浦和 2−2 京都

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連動画】ド派手なバイシクル弾! 鹿島エヴェラウドが大技で劇的同点弾!