ガンバ大阪は7月8日、イングランドのマンチェスター・シティよりFW食野亮太郎の完全移籍加入を発表した。

 G大阪のアカデミー出身の食野は2017年にトップ昇格。19年8月にマンチェスター・Cへ完全移籍後、レンタルでスコットランドのハーツ、ポルトガルのリオ・アヴェでプレー。昨季はポルトガルのエストリル・プライアに所属していた。

 3年ぶりの古巣復帰を果たした食野は、クラブの公式HPを通じて以下のようにコメント。
 
「皆さんお久しぶりです。この度、ガンバ大阪に復帰することになりました。もう1度、僕の愛するクラブでプレーする機会を与えてくださった小野社長をはじめクラブの方々、ガンバを愛するサポーターの皆さん、そして僕を応援してくれる全ての方々のために、全力を尽くして戦いたいと思います。食野亮太郎らしいプレーで、これからパナソニックスタジアム吹田のピッチで躍動し、ガンバを勝利へ導けるように、日々努力していきたいと思います。また皆さんとスタジアムでお会いできるのを楽しみにしています!これからまたよろしくお願いします!」

 この一報にクラブの公式ツイッターには「お帰り!」「やっと発表か!」「頼りにしてます」「ガンバを救ってくれ」といった声が寄せられた。

食野亮太郎(MESHINO RYOTARO)プロフィール
■生年月日:1998.6.18(24歳)
■出身地:大阪府泉佐野市
■ポジション:FW
■身長/体重:171センチ/68キロ
■利き足:右足
■血液型:B型
■背番号:40

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ガンバ大阪の歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!