Jリーグは7月10日、J1第21節の7試合を各地で開催。豊田スタジアムでは名古屋グランパス対清水エスパルスが行なわれ、2−0で清水が勝利した。

 先手を取ったのはアウェーの清水。38分、カウンターからカルリーニョス・ジュニオが左サイドを抜け出し、キープしてから中に折り返すと、西澤健太がダイレクトで狙いすましたシュートを叩き込む。
 
 西澤は47分にも再び、C・ジュニオのお膳立てから決定的なシュートを放つも、これはポストに嫌われて2点目とはならず。

 追いかける名古屋は88分、吉田豊が岸本武流へのファウルで一発レッドとなり数的不利に。その後、清水はチアゴ・サンタナの3戦連発となるゴールで加点。清水は4試合ぶりの白星を掴み、勝点20として17位に浮上し、最下位を脱出。名古屋は4試合ぶりの黒星となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!