今夏の去就が注目を集めているのが、フランクフルトの鎌田大地だ。

 チームトップの5ゴールを挙げ、ヨーロッパリーグ(EL)制覇の原動力のひとりとなった日本代表MFは移籍市場での評価が上昇。プレミアリーグのトッテナムやリーズからの関心が取り沙汰されている。

 契約満了まであと1年となっているため、フランクフルトにとってもいわば“売り時”だ。実際、その後釜にすっぽり収まるマリオ・ゲッツェを獲得してもいる。
 

 だが、フランクフルトは残留を望んでいるようだ。ドイツの大手紙『Bild』が7月10日付けで、マルクス・クレシェSDのコメントを伝えている。

 いずれも契約が23年6月までとなっている鎌田、フィリップ・コスティッチ、エバン・エヌディカについて、クレシェSDは「彼らは皆、ここで快適に感じ、我々の中に何があるかを知っている。我々が彼らの中にあるものを知っているようにね。私の目標は、今のチームを維持することだ」と発言。こう続けている。

「そのために、(契約延長に関して)カマダ側とは長い間連絡を取り合っている。年数についてはすでに話しをした。しばらく様子を見てみよう」

 常々、ステップアップ移籍の必要性を口にしている鎌田だが、ELを制したフランクフルトはチャンピオンズ・リーグに出場できる。これは残留の決め手のひとつとなるだろう。果たして、25歳のアタッカーはどんな決断を下すのか、注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】「美人すぎる」「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!