[J1第22節]湘南0−0福岡/7月16日/レモンガススタジアム平塚
 
【湘南|採点】
スタメン)
GK
谷 晃生 6
DF
舘 幸希 6
大野和成 6
杉岡大暉 6
MF
石原広教 6
池田昌生 5.5(78分OUT)
田中 聡 6.5
平岡大陽 5.5(66分OUT)
高橋 諒 6.5(78分OUT)
FW
瀬川祐輔 5.5(83分OUT)
町野修斗 5.5(78分OUT)
 
途中出場)
MF
阿部浩之 5.5(66分IN)
MF
米本拓司 ―(78分IN)
MF
中野嘉大 ―(78分IN)
FW
大橋祐紀 ―(78分IN)
FW
タリク ―(83分IN)
 
監督)
山口 智 5.5
 
【湘南|寸評】
 ここ数試合で結果を残していたアグレッシブかつ整理された守備で無失点に抑えたが、リーグ最少失点の堅守を誇るアウェーチームを崩しきれなかった。
 
 ルキアンやJ・クルークスに苦戦を強いられたものの、守備戦術は相変わらずの安定感を発揮していた。特に田中の読みとボール奪取力は圧巻で、中央だけでなく両サイドに走られた時も豊富な運動量と鋭い寄せでピンチを未然に防いでいた。
 
 攻撃面では、相手にパスコースを限定され、舘や杉岡の楔も封じられた。敵陣の深い位置に侵入する時間が短く、決定機と言えるほどのチャンスは見られず。左ウイングバックの高橋が個で突破してクロスを上げるシーンはいくつかあったが、ボールが町野や瀬川へ届く回数も少なかった。
 
 新加入の中野、阿部はそれぞれ持ち味の片鱗を感じさせるプレーもあった。特に中野はドリブルで相手を翻弄し、クロスで好機を演出した。今節は結果につながらなかったが、チームとして彼らの活かし方を共有できれば、間違いなく湘南の新たな武器となるだろう。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【福岡|採点】
スタメン)
GK
永石拓海 6.5
DF 
奈良竜樹 6.5
ドウグラス・グローリ 6.5
宮 大樹 6
MF
柳 貴博 6(82分OUT)
中村 駿 6
前 寛之 6.5
志知孝明 6(82分OUT)
FW
渡 大生 5.5(57分OUT)
ルキアン 6.5(76分OUT)【MAN OF THE MATCH】
山岸祐也 5.5(82分OUT)
 
途中出場)
MF
ジョルディ・クルークス 6.5(57分IN)
FW
ジョン・マリ ―(76分IN)
FW 
フアンマ・デルガド ―(82分IN)
DF
前嶋洋太 ―(82分IN)
MF
田中達也 ―(82分IN)
 
監督)
長谷部茂利 6
 
【福岡|寸評】
 シュート数が試合を通して4本と攻撃面に課題を残したが、試合後に長谷川監督がコメントしたとおり「連戦で、悪天候で、アウェーということを考えればポジティブな勝点1」と言える。
 
 危ない場面を作らせず、落ち着いた試合を実現できたのはGKを含む守備陣の奮闘によるものだ。永石はアグレッシブに寄せてくる敵FWのプレッシャーをものともせず、正確なキックでボールを両サイドへ散らした。クロスやセットプレーを何度も跳ね返した奈良、D・グローリ、宮の3バックも出色の出来だったと言える。
 
 MOMのルキアンは起点となる動きが見事で、裏へ抜けるタイミング、ロングボールを難なく収めて味方に渡すポストプレー、労を惜しまぬプレッシングなどで敵の最終ラインを苦しませた。その甲斐もあり、ホームチームより多くのチャンスを創出。60分にJ・クルークスのFK、64分にルキアンのヘッドと2度の決定機を迎えたが、いずれもポストに嫌われた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)