清水エスパルスは7月17日、MFヤゴ・ピカチュウがブラジル1部フォルタレーザECから完全移籍で加入することを発表した。来日後、メディカルチェックを経て正式契約となる。

 ピカチュウはブラジル出身の30歳。母国のパイサンドゥSCやヴァスコ・ダ・ガマを渡り歩き、2021年からフォルタレーザECに在籍。ブラジル1部リーグで通算173試合・30得点、同2部リーグで通算97試合・21得点を記録し、今季は14試合で4得点を挙げている。
 
 今回の移籍に当たり、ピカチュウは清水の公式サイトで以下のコメントを発表した。
 
「清水エスパルスでプレーするチャンスをいただき、とても幸せです。私にとってゼ リカルド監督とともに闘えることも大変嬉しいことです。期待に応えられるよう頑張ります。サポーターの皆さん、まもなくお会いできるのを楽しみにしています!」

 この一報に、清水の公式ツイッターには、「きたああああああ!!!!」「ゲットだぜ!」「ピッカピカ!!」「頼むぜピカチュウ!!」「ゴール決めたら、新聞の見出しがピカチュウの必殺技になるに一票」「期待してますぜ!」など、人気アニメ番組にちなんだコメントも寄せられている。

 清水は現在、J2自動降格圏内の17位に低迷している。新加入のブラジリアンMFには、チーム上昇の起爆剤となるような活躍に期待がかかる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】アウェーでの4−1快勝をあと押しした清水サポーター

【PHOTO】話題沸騰中の“きつねダンス”がJに上陸!ファイターズガールがヨドコウで披露、セレッソガールも楽しく踊る!