[J1第22節]清水1−2浦和/7月16日/IAIスタジアム日本平

【清水|採点】
スタメン)
GK
権田修一 6
DF
原 輝綺 5.5
立田悠悟 5.5
鈴木義宜 5.5
山原 怜音 6.5
MF
白崎凌兵 5.5(87分OUT)
宮本航汰 5.5(62分OUT)
西澤健太 5.5(77分OUT)
カルリーニョス・ジュニオ 6(87分OUT)
FW
神谷優太 5.5(62分OUT)
チアゴ・サンタナ 5.5

途中出場)
MF
後藤優介 6(62分IN)
MF
ホナウド 5.5(62分IN)
FW
オ・セフン −(77分IN)
MF
松岡大起 −(87分IN)
DF
岸本武流 −(87分IN)

監督)
ゼ・リカルド 5.5
 
【清水|寸評】
 内容的に力の差を感じさせられたわけではないが、耐えるべき時間帯で耐えきれず失点したのが痛い。後半は主導権を握ってポジティブな要素も見えたが、決定機は増やせなかった。

 2失点は不運な面もあったが、守備陣全体としてマークの受け渡しという面では課題が見えてチャンスを作られた。そのなかでも権田は安定したセーブと好フィードを継続。攻撃陣ではC・ジュニオの調子が上がって、光るプレーが目立った。神谷も良い位置取りと動き出しでボールを受けたが、その先で決定的な仕事はできず。モーベルグや酒井の対応に手を焼きながらも、FKから素晴らしいブレ球シュートでプロ初ゴールを決めた山原を唯一、6.5に。
 
[J1第22節]清水1−2浦和/7月16日/IAIスタジアム日本平

【浦和|採点】
スタメン)
GK
西川周作 6.5
DF
酒井宏樹 6
岩波拓也 6.5
アレクサンダー・ショルツ 6.5
明本考浩 6.5
MF
ダヴィド・モーベルグ 6(72分OUT)
伊藤敦樹 6.5
岩尾 憲 6
関根貴大 6.5(80分OUT)
小泉佳穂 6.5(72分OUT)
FW
松尾佑介 6.5(90+1分OUT)【MAN OF THE MATCH】

途中出場)
FW
江坂 任 6.5(72分IN)
DF
馬渡和彰 6(72分IN)
DF
宮本優太 −(80分IN)
DF
知念哲矢 −(90+1分IN)

監督)
リカルド・ロドリゲス 6.5
 
【浦和|寸評】
 終始主導権を握れたわけではないが、ゴール近くで良い連係を見せてニアゾーンを攻略するシーンが目立った。FKから1失点したものの守備も安定し、ピンチを最小限に抑えた。

 前線では松尾、関根、小泉らがよく動いて連係面を向上させ、ボランチの伊藤も前線に上がるタイミングが良く、多くの好機を演出した。CBの2人は1対1やクロス対応で強さを発揮し、好調なT・サンタナに大きな仕事をさせなかった。7分の軌道が変わったシュートを西川が止めて、早い失点を防いだのも大きい。名前を挙げなかった選手たちも安定したプレーを続け、MOMはこれまでも献身的なプレーが目立ち、浦和でのリーグ戦初ゴールを決めた松尾に。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●前島芳雄(スポーツライター)

【ハイライト動画】浦和が2−1で逃げ切る! 清水の山原はFKでゴラッソ

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!