[パリSG日本ツアー]パリ・サンジェルマン 2−1 川崎フロンターレ/7月20日/国立競技場

【パリSG・総評】
6.5
 川崎の前線からのプレスに慌てる場面があったものの、自陣から丁寧にビルドアップしていき、徐々に試合の主導権を握った。エムバペ、メッシ、ネイマールの前線3枚は、細かいパス交換で決定機を演出。両WBのハキミとメンデスもタイミングよくサイドを駆け上がり好機に絡んだ。一方、守備面では不用意なパスミスが多く、攻→守の切り替えの遅さも目立った。ガルティエ監督が会見で、「(攻守の)バランスを調整していく必要がある」と述べたように、攻撃面での収穫と守備面での改善点が明確となった試合だった。

【個人採点・寸評】
GK
99 ジャンルイジ・ドンナルンマ 6.5(62分OUT)
家長の強烈なミドルシュートを冷静にセーブするなど、得意のシュートストップを披露。足下がおぼつかない場面もあったが、積極的にビルドアップに関与してDF陣を助けた。

DF
2 アシュラフ・ハキミ 6.5(HT OUT)
タイミング良く右サイドを駆け上がり、メッシやネイマールからパスを引き出していた。メッシの先制点の場面では手を上げてボールを呼び込み、ワンタッチで丁寧に落としてアシストした。

3 プレスネル・キンペンベ 6(HT OUT)
対面した家長の突破を身体を張ってブロック。7分にカウンターで抜け出そうとしたL・ダミアンをノーファールのスライディングで防いだシーンは、まさに真骨頂と言えるプレーだった。

4 セルヒオ・ラモス 5.5(62分OUT)
マルシーニョに何度も背後のスペースを突かれ、ピンチを招いた。右WBのハキミと3バック中央のマルキーニョスと連携に課題を残した。
 


5 マルキーニョス 6(62分OUT)
カウンターで数的不利な場面では決して飛び込まず、味方が戻ってくる時間を稼いだ。最終ラインから的確にパスを繋ぎ攻撃の起点となった。

25 ヌーノ・メンデス 5.5(HT OUT)
最初のマッチアップで家長のドリブル突破を許したものの、その後は粘り強い守備で左サイドを防衛。エムバペとのコンビネーションも上々だった。

MF
17 ヴィチーニャ 5(62分OUT)
今夏に新加入したセントラルMFは、やる気が完全に空回り。パスミスが多く、周囲と息が合わない場面も少なくなかった。

27 イドリサ・ゲイエ 5.5
チーム唯一のフル出場。中盤センターでコンビを組んだヴィチーニャと上手く連携できず、ルーズボールへの対応で後手に回り、カウンターを許す場面も。


FW
7 キリアン・エンバペ 6.5(HT OUT)
中央から左サイドに流れての仕掛けは迫力満点。川崎のGKチョン・ソンリョンが好セーブに遭い、無得点だったものの、両チームトップとなる4本のシュートを放った。

10 ネイマール 5.5(HT OUT)
メッシとのコンビネーションを活かしてアタッキングサードへボールを運ぶもゴールに結びつかず。運動力が少なく、コンディションが整うのはまだ先か。前半でお役御免となった。

MAN OF THE MATCH
30 リオネル・メッシ 7(62分OUT)
利き足とは逆の右足で先制ゴール。2点目もアシストしたベルナトとのワンツーが起点に。62分にサラビアと交代するまで、攻撃のキーマンとして際立ったパフォーマンスを披露した。


交代出場
DF
14 ファン・ベルナト 6(HT IN)
メンデスに代わって出場。62分にマルキーニョスが交代してからはキャプテンマークを巻いた。メッシとのワンツーでニアサイドを攻略するとグラウンダーのクロスで2点目をアシスト。

DF
22 アブドゥ・ディアロ 5.5(HT IN)
後半頭から出場。大きなミスもなく、持ち前の安定した守備を披露。

MF
28 ジュニオール・ディナ・エビンベ 5.5(HT IN)
ハキミに代わって右WBで出場。本職はセントラルMFだが、問題なくプレー。サイドで精力的に上下動を繰り返した。

FW
19 パブロ・サラビア 5.5(HT IN)
前線のマルチロールは、広範囲に動いてボールを引き出し、攻撃にアクセントを付けた。57分のボレーシュートは、ミートし切れず枠外へ。

FW
29 アルノー・カリムエンド 6(HT IN)
左サイドから積極的に仕掛け続けた。ベルナトのクロスに飛び込み、チーム2点目を挙げるなどコンディションは上々だ。

GK
16 セルヒオ・リコ 5.5(62分IN)
ドンナルンマと交代でピッチへ。84分の失点シーンに大きな責任はなし。川崎に同点ゴールを許さなかった。

DF
24 ティロ・ケーラー 5.5(62分IN)
右CBで出場。この試合で再三狙われていた背後のスペースもスピードでカバーして見せた。

MF
15 ダニーロ・ペレイラ 4.5(62分IN)
マルキーニョスに代わって3バックの中央で出場。失点シーンではボールウォッチャーで、山村をフリーにしてしまったのは大きなマイナス査定だ。

MF
33 ワレン・ザイール=エムリ 5.5(62分IN)
弱冠16歳の大器が、ヴィチーニャに代わってピッチへ。タッチラインを割りそうなボールをスライディングで味方につなげたりと、熱のこもったプレーを見せた。

FW
9 マウロ・イカルディ 5.5(62分IN)
サラビアのスルーパスで抜け出してシュートを放つなど見せ場は作ったが、運動量が少なく、淡白なプレーも散見された。

監督
クリストフ・ガルティエ 6
監督就任から2週間余りと限られた準備期間で、戦術理解度を高めてきた3−5−2で試合に臨んだ。攻撃が機能した半面、カウンターから何度もピンチを招いた守備は課題が残る。今後の試合も考慮し、62分までにゲイエ以外のスタメンを総取っ替え。終盤に1点を返されたものの川崎の反撃を防ぎ切り、勝利を手にした。

文●ワールドサッカーダイジェスト編集部

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】パリSG2−1川崎|メッシの先制弾などでパリSGが日本ツアー初戦に勝利!川崎は終盤に1点返すも及ばず