[パリSG日本ツアー]パリ・サンジェルマン 2-1 川崎フロンターレ/7月20日/国立競技場

【川崎・総評】

立ち上がりは高い位置からプレス掛けるも、暑さもあって強度が落ちると押し込まれる展開に。それでも粘り強い守備と守護神の好セーブで凌いでいたが、32分にメッシのシュートで被弾。メンバーを大幅に入れ替えた直後の58分に追加点を奪われた。それでも、84分にCKから山村のヘッド弾で1点を返し、1点差に追い上げた戦いぶりは好印象を与えた。
      
【個人採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6.5
18分にエムバペの決定機を阻止すれば、28分にもそのフランス代表FWのシュートを2連発セーブ。この男がいなければ、大量失点を喫していてもおかしくなかった。

DF
2 登里享平 5.5(56分OUT)
敵右WBハキミに手を焼きながらも奮闘。先制点の場面では、後方のスペースを使われるかたちとなった。

4 ジェジエウ 6.5(HT OUT)
 12分にメッシからエムバぺのラストパスをスライディングでカット。約8か月ぶりの出場となった復帰戦でさすがの存在感を見せた。

7 車屋紳太郎 6
フィールドプレーヤーでは唯一のフル出場。14分のピンチでハキミのシュートをブロックするなど、粘り強い守備を披露した。

15 佐々木旭 5(73分OUT)
前半に不用意なパスミスでピンチを招く。先制点の場面ではエムバペの切り返しに翻弄され、2点目のカウンターも止められなかった。

【動画】パリSGの先制弾! メッシが右足を振り抜き、ゴール左隅に沈める
MF
8 橘田健人 5.5(86分OUT)
個人の問題ではなく、ワンボランチは厳しかったか。活動量は素晴らしかったが、メッシに引きはがされ、フィルター役になりきれなかった。

18 チャナティップ 6(56分OUT)
敵の虚を突くパスに、メッシのシュートを間一髪でクリアするなど、随所に好プレー。小気味のいいターンは通用していた。

19 遠野大弥 6(HT OUT)
見事なスルーパスでマルシーニョの決定機を演出。運動量も豊富で、攻守に奮戦した。

FW
9 レアンドロ・ダミアン 5.5(HT OUT)
ボールを収める仕事はできていたが、シュートシーンを作り出せず。最後の局面で自由をさせてもらえなかった。

18 マルシーニョ 6(56分OUT)
前半に抜け出しからビッグチャンスを作り出すなど、脅威になっていた。ただ、ゴール前で精度を欠いたのがマイナス点。

41 家長昭博 6(56分OUT)
19分のボレーに続き、35分にも際どいシュート。ドンナルンマの牙城は崩せなかったが、自慢のキープ力も光っていた。
交代出場
DF
31 山村和也 6.5(HT IN)
後半頭からCBに入り、84分にヘッド弾。一矢を報いた。

MF
16 瀬古 樹 6(HT IN)
54分に果敢なボール奪取から惜しいシュートを放つなど、アグレッシブにプレーし、アシストもマーク。

FW
20 知念 慶 5.5(HT IN)
CFに投入直後のビッグチャンスは枠に収めたかった。小林出場後はウイングに回る。
 
MF
6 ジョアン・シミッチ 5.5(56分IN)
アンカーに入り、バランスを意識してプレー。ややプレスの意識が薄かったか。

MF
25 松井蓮之 5.5(56分IN)
右SBに入り、2失点目にシーンでは対応が後手に回った。83分に惜しいシュート。

FW
11 小林 悠 5.5(56分IN)
何とかボールを引き出そうと動くも、パスをもらえず。勝負強さを発揮する場面がなかった。

FW
24 宮城 天 5(56分IN/86分OUT)
途中出場で途中交代。30分間のプレーで印象を残せず。

MF
17 小塚和季 5.5(73分IN)
果敢にプレスを掛け、闘う姿勢を見せていた。

DF
29 高井幸大 −(86分IN)
終了間際に右SBで出場した。

FW
26 永長鷹虎 −(86分IN)
88分のビッグチャンスで小林にパスを供給できなかったのは痛恨だった。

監督
鬼木 達 5.5
果敢に勝負を挑んだ点は評価できる。先制点の場面では、立て続けにピンチを招いていた時間帯だっただけに、手は打てなかったか。後半は大幅に選手を入れ替えたため、交代策という点ではあまり参考にならない。
 
取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


【PHOTO】パリSG2−1川崎|メッシの先制弾などでパリSGが日本ツアー初戦に勝利!川崎は終盤に1点返すも及ばず

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!