浦和レッズは7月21日、長谷部誠と鎌田大地が所属するドイツ1部フランクフルトと11月16日に埼玉スタジアム2002で対戦することを発表した。、大会名は「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT さいたまシティカップ」となる。

 フランクフルトは2021—22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で優勝。長谷部と鎌田も戴冠に貢献した。
 
 この一報に浦和の公式ツイッターには、「行くしかないだろコレ」「こんな嬉しいことあるのか」「PSGよりテンション上がっちゃうな!」「さいたま市民で良かった!」「長谷部のプレーがみられるラストチャンスかも?」「フランクフルトファンのワイ、嬉しすぎて涙が止まらない模様」「PSGよりも観たい!」などの声が寄せられた。

 2002年から2007年まで浦和に在籍した長谷部の“凱旋試合”実現は、ファン・サポーターを大いに喜ばせている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】埼玉スタジアムに集結した浦和、京都サポーター

【J1第21節PHOTO】浦和3−0FC東京|浦和が大久保の今季初弾などで3発快勝!GK西川はJ1最多170戦完封を達成!

【PHOTO】インサイドハーフで先発!代表復帰後即ゴールで結果を残した鎌田大地!