世界のプロフットボーラーたちの愛車コレクションを随時紹介してきた英紙『The Sun』が、ついに大胆なランキングを完成させた。過去に取り上げた現役ビッグネームたちを対象に、彼らが費やした“推定総額”を集計して、トップ10を割り出したのである。
【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、イブラ、ベンゼマ、ポグバ、オーバメヤンetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

 サッカーファンの間でもスーパーカーマニアとして知られるのは、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドだが、なんと彼に大差をつけてぶっちぎりの1位を獲得した男がいる。ほかでもない、現在パリ・サンジェルマンの一員として来日中のリオネル・メッシだ。

 驚くべきことに、その総額は2816万9068ポンド(約46億5000万円)に上るという。2016年にパリで開催された一大オークションで、フェラーリのクラシックカー『335S Spyder Scaglietti』(1953年製)が落札されたが、その落札額2550万ポンド(約42億円)はクルマに付けられた値札の歴代最高額。『The Sun』紙はこの落札者がメッシだと断定しており、以前の記事では「オークションではC・ロナウドと熾烈な争いを繰り広げた可能性が高い」とも報じていた。

 一方でメッシ保有のコレクションで2番目に高額なクルマとなると、パガーニ『Zonda』で150万ポンド(約2億5000万円)と単価は一気に下がる(それでも超高額!)。家族の分を含めて所有しているのは6〜7台程度のようだ。

 ちなみにメッシのパリSGにおける最新年俸は5200万ポンド(約85億8000万円)。2020―21シーズンにメッシは「50時間38分」プレーしており、愛車コレクションの46億5000万円を稼ぎ出すためには1シーズンで「27時間17分」プレーすればOKの計算となるようだ。

 2位に甘んじたとはいえ、コレクションのバリエーションではC・ロナウドが群を抜く。総額は1806万4666ポンド(約29億8000万円)。リスボンにある特製ガレージには、ロールスロイス、フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンなどファン垂涎の名車がずらりと並んでいる。

 コレクションでの最高額はブガッティ『Centodieci』の850万ポンド(約14億円)だが、ここ数年噂されている珠玉の一台は同紙のリストには含まれていないようだ。同じくブガッティのワンオフモデル『La Voiture Noire』で、その所有者ではないかと目されている。こちらは推定額1400万ポンド(約23億円)で、もしオーナーだと判明すれば、メッシの総額を上回ることになるが――。
 

 3位以下もネイマールやカリム・ベンゼマ、ズラタン・イブラヒモビッチなどマニアたちの名が居並ぶ。英紙『The Sun』が集計したランキング・トップ10は以下の通りだ。

【世界の現役フットボーラー 愛車総額ランキング】
1位:リオネル・メッシ(パリSG) 2816万9068ポンド(約46億5000万円)
2位・クリスチアーノ・ロナウド(マンチェスター・U) 1806万4666ポンド(約29億8000万円)
3位:ネイマール(パリSG) 1179万864ポンド(約19億5000万円)
4位:カリム・ベンゼマ(R・マドリー) 789万7900ポンド(約13億円)
5位:ズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン) 455万5232ポンド(約7億5000万円)
6位:パウロ・ディバラ(ローマ) 275万527ポンド(約4億5000万円)
7位:ポール・ポグバ(ユベントス) 160万ポンド(約2億6500万円)
8位:ソン・フンミン(トッテナム) 150万ポンド(約2億4500万円)
9位:メンフィス・デパイ(バルセロナ) 120万1271ポンド(約2億円)
10位:アントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー) 85万ポンド(約1億4000万円)
※英紙『The Sun』による独自集計。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

【PHOTO】「美人すぎる」「可愛すぎる」C・ロナウド、メッシ、ネイマールらワールドクラスの妻&恋人たちを一挙紹介!