清水エスパルスは7月22日、元日本代表MF乾貴士が加入することを発表した。乾は6月にセレッソ大阪を退団していた。

 乾は2007年に加入した横浜F・マリノスを皮切りに、C大阪、ドイツのボーフム、フランクフルト、スペインのエイバル、ベティス、アラベスに在籍。ここまでのキャリアでは、J1で67試合・13得点、J2で67試合・26得点、ドイツでは75試合7得点、スペインでは166試合・16得点を記録している。

 実績十分のアタッカー加入の一報に、クラブの公式ツイッターには以下のようなコメントが寄せられた。
 
「期待してます」
「本当にきた!!!よろしくお願いします!!!」
「新天地でも、らしく頑張ってね!」
「ようこそ清水へ! 残留、その先の王国復権へこれまで培った全てを捧げてほしい」
「エスパルスの救世主になってください!」
「W杯の時の活躍は今でも忘れられない! 期待しています!」
「アンビリーバブル」
「補強が熱い。どうかJ1残留へ導いて!」
「浮上のきっかけを作ってくれると信じてます」
「まずは降格圏脱出へ!よろしくお願いします!!」
「残留への起爆剤として期待してます」
「清水で大暴れしてください」
「マジでキタ。楽しみでしかない!」
「乾選手、この窮地を救ってださい」
「おぉー!!これは嬉しい」

 清水は現在J2自動降格圏内の17位。元日本代表MFの加入に、ファン・サポーターの期待は高まっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】アウェーでの4−1快勝をあと押しした清水サポーター