日本代表は7月24日、E-1選手権の第2戦で中国代表と対戦。試合は豊田スタジアムで開催され、19時20分にキックオフされた。

 森保ジャパンのスタメンは、GKに大迫敬介、4バックは小池龍太、中谷進之介、荒木隼人、佐々木翔、ダブルボランチは野津田岳人、橋本拳人、2列目は森島司、脇坂泰斗、宮市亮、CFに細谷真大というラインナップに。

 立ち上がりから主導権を握る日本。6分には、敵陣右サイド深くからの脇坂のFKに、ファーサイドで橋本がダイレクトで合わせて惜しいシュートを放つ。9分、スローインを受けた脇坂が、見事なターンから強烈なミドルで相手GKを慌てさせる。

 圧倒的なポゼッションで攻め込み、チャンスを作り出すが、なかなか相手ゴールをこじ開けることができない。16分、ペナルティアーク内でパスを受けた脇坂が巧みなコントロールから放った右足シュートも、19分、宮市のクロスからの細谷のヘディングシュートも、ポストの脇に外れる。

 21分、宮市のお膳立てから脇坂が至近距離から狙ったが、うまくミートできずGKにストップされる。小気味よくパスはつながる。ただ、アタッキングサードに入ってからのあと一押しが足りない。
 
 30分、好位置からのFKで、野津田のショットは壁に阻まれる。35分の宮市のミドルは相手DFのブロックに遭い、枠に飛ばせない。44分の森島のヘディングシュートはGKの正面。

 中国の粘り強い守備の前に攻めあぐねた日本は、結局、無得点で前半を折り返す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】7月19日から始まるE-1選手権に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!