日本人4選手が所属するシント=トロイデン(STVV)は7月23日、ベルギー・リーグの第1節で、町田浩樹が所属するユニオン・サン=ジロワーズとホームで対戦。1―1のドローに終わった。

 この試合で先制ゴールをもたらしたのが日本人トリオだ。香川真司がスライディングをしながら、右サイドにボールを出すと、これを受けた橋岡大樹がピンポイントクロス。最後は林大地が豪快なヘッドで叩き込んだ。

【動画】香川のワンタッチパス→橋岡のピンポイントクロス→林の豪快ヘッド!日本人トリオで奪ったSTVVの今季第1号ゴール
 日本人3人が絡んだこのゴールに、試合を配信したDAZNの公式ツイッターやYouTubeのコメント欄には、「素晴らしいゴール」「やっぱりビースト」「大地ナイスゴール」「橋岡選手のクロスが年々すごくなってきてるんだけど!」「日本人3人でゴール決めたの嬉しい」「昔の香川みたいでワクワクする」「香川のこういうプレーが見れてうれしい」「あのクロスをファーに強く叩きつけられるのは凄いね」といった声が寄せられている。

 とりわけ、コンディションが上がっている香川に期待するファンが少なくないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】セレッソ大阪時代のレアショットや肉体美まで!? 香川真司のキャリア秘蔵写真で一挙公開!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち